日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

本日、空の境界全7作ぶっ通し上映に行ってきた訳だが・・・
とても、とても疲れた。
HP1ってこんな感じなのかな。

劇場版で7作を見る、と言う物量で疲れることは想定していたんですが、
完結編である七章のクォリティが高すぎた。
初見ということも理由の一つだと思うけど、
七章の緊張感が半端無かったです。
原作を未読の自分には、物語の終着点が最後の最後まで見えない、
極上のサスペンス映画を見た気分になりました。

七章に限っては、原作未読で本当によかった!と思いましたね。
もちろん、原作からカットされた部分もあるでしょうから、
全てにおいて得をした、とは思えないですけど、
ラストの結末については、本当にドキドキでした。

しかし、これで空の境界のお祭りも完結か・・・。

とは言え、自分にはこれから『原作』と言う楽しみがあるので、
まだまだお祭りは終わらない!
原作3冊+未来福音。
ヤバイ、おらわくわくしてきたぞ。

本当は、今日の更新に上映の休憩中に描いていたメモ書き(ノートに5ページ分)を
アップしようと考えていたんですが、
こんなメモ書き、絶対ブログには書けない(苦笑
一章終わるごとに書いていたんですが、どんだけ興奮して書いていたのかとw
「梶浦由記は神!」とか3回も書いてあったし。

でも、七章を見終わった後に流れた「Seventh Heaven」は本当ーーーに最高でした。
この場面で本日3度目の落涙をしてしまったが、
とても気持ちのいい涙だった。
(※それにしても、いつからこんなに涙もろくなったんだろう・・・)

あぁ、至福の一日をありがとう。


Seventh Heaven(期間生産限定盤)(DVD付)Seventh Heaven(期間生産限定盤)(DVD付)
(2009/03/04)
Kalafina

商品詳細を見る

2009/09/19 23:56|アニメTB:0CM:2

 

地元では今週で上映が終わってしまう、と言うことだったので、
3度目の劇場版エヴァ『破』の視聴に行ってきました。
(※ちょっと前までレイトショーがやってたのに、最終が16:00上映とかヒドス)

『序』も結局3回見に行ったし、最近映画に対する浪費がひどすぎる気もしますが。。。
DVD or ブルーレイが出たら間違いなく買うとは思いますが、
やっぱり映画館で見るって言うのは違うんだよなぁ。


さて、今更特に新発見!と言うのも無いですけど、
やはり1回目より2回目、そして3回目、と作品に対する印象は結構変わってきますね。

個人的には初見の時の感想が一番正しいと思う口なので、
2度目以降の思いは、「感想ではなく検討」と思っています。
まぁこれはエヴァに限った話ではないですけど。

どうしても2回目以降って穿った見方をしてしまうんですよね。
あら探し、と言うと言葉が悪いですけど、
エヴァのように伏線が散りばめられてる作品は特に。
何か聞き逃した単語は無いだろうか、とか、1カットも見逃すな!とかね。
根っからのオタク気質ってやつでしょうか。

今回の『破』に関しては、2回目の視聴の時に目を皿のようにして取りこぼしを回収して来たので、
今日の3回目は、余裕を持って楽しんで来ました。
まぁ、「今日の日はさようなら」が流れたときの胸糞悪さは相変わらずでしたが(ホメ言葉

そして今回のターゲットは、「真希波・マリ・イラストリアス」(CV:坂本真綾)
声が真綾さんってだけでクリティカルヒットだと言うのに、マリはいいキャラしてますね~。
あの濃いメンツの中に新キャラとして参加するんですから、
あのくらいの個性が無いとやっていけない、ってとこでしょうか。

それにしても非常に好きなキャラなのに、いっこうに名前が覚えられないのは何でだろう?
マリ、と言うよくあると言っちゃ悪いけど、シンプルな名前だけに
なかなか頭にインストールがされないようです。

まぁ思いつく要因は、劇中で誰もマリの名前を呼ばない事だと思いますけどね。
一度でも誰かが呼べば、そのフレーズが耳に残るはず・・・と言い訳してみますが。
呼んでなかったですよね?


そしてあのラスト。
何度見ても、wktkは止まりません。
と同時に、ここからあと何年待たされるんだろう、と言う絶望感も感じますがw


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION
(2009/07/08)
サントラ林原めぐみ

商品詳細を見る

2009/09/15 19:27|アニメTB:0CM:0

 

>空の境界 第七章『殺人考察(後)』公開記念
>日本初!第一章から第七章までの“通し上映”決定!!

>日程:9/19(土)1日限定
>上映スクリーン:SC1(250席)
>時間:第一章「俯瞰風景」   10:00~10:52
>    第二章「殺人考察(前)」11:00~12:02
>    第三章「痛覚残留」   12:10~13:08
>    第四章「伽藍の洞」   13:30~14:18
>    第五章「矛盾螺旋」   14:25~16:21
>    第六章「忘却録音」   16:35~17:36
>    第七章「殺人考察(後)」18:05~20:07
>  各章上映終了後10-20分程度の休憩が入ります。


ちょwマジっすかw
1日で7作ぶっ通しとか体力持たないだろ。いいぞもっとやれ。

少し前に、空の境界が徳島上陸で一挙上映!ってニュースは見たけど、
あれは確か、1作品ずつの日替わり上映だったはず。
まさか地元で、7作の一挙上映をやってくれるとかすごいな、本当に。
しかしたったの1日限りとか・・・。

地方民の辛いところとして、劇場公開の時間差とかがあるんですけど、
今回の第七章は普通に来週見に行こうと思ってたんですけどね。
まさかこんな展開になるとは。

自分は劇場で見ることが出来たのは六章(+Remix)だけですが、
DVD全巻買ってるし、もう何十回と見ている。
でも劇場で見たい!って思っちゃうのは信者ゆえなんだろうなぁ(=_=;

劇場公開初日とかには混雑を避けて行かないタイプなんだけど、
もしかしてこのチケット販売(明日から)もスゴイ混んだりするんだろうか(ガクガク
地方民の勢力図がよく分からないので、全然見当がつかないんだぜ。

とりあえず明日、もともとあった用事を吹っ飛ばして、戦場に片足を突っ込んでみるか!
2009/09/11 12:40|アニメTB:0CM:0

 

この連休で、ゲームのプレイスケジュールはぎゅうぎゅう詰めだったので、
アニメの視聴予定だけはフリーダムに設定してみました。

当初は、7月期の新作アニメの一気視聴を、と思っていたんですが、
結局今回選択したのは「Yes!プリキュア5」全49話一気視聴

2日間の日程でソロ視聴するのはなかなか疲れたな~。
それにしても、DVDレンタル料=50円/巻はおいしいですw

しかし何で今頃プリキュア5やねん、って感じなんですが、
やっぱりフレッシュプリキュアの影響はでかいかなぁ。
昔は、朝8時半枠と言えば「おジャ魔女どれみ」の頃からずっと見ていたんですが、
プリキュアシリーズは、ちゃんと全話見たことが無かったので、
初完走ってことになります。

でもこの歳になると、2日で4クールはこたえますなぁ。
と言うか、よく完走できたなぁ自分。
最近は合宿でのアニメ視聴ですら、一気視聴の話数が減っていると言うのにw

でも完走できた原因として、プリキュア5が面白かった!ってのはありますね。
やっぱり主要キャラが5人いると言うのは、話のバリエーションが豊富だし、
思ってたよりもキャラが立っているのが良かったなぁ。
あんまり主役にはなびかない方なんですが、お気に入りはのぞみかな
ビジュアル的にはフレッシュよりも好みが多め。

とは言えプリキュアの戦闘シーンには以前から違和感があるんですよね。
バンクが多いってのは変身ものの常なので、別に気にしないんですが
これは無印プリキュアの頃からフレッシュに至るまで変わってない点として
変身→殴る蹴る→必殺技 って流れが何とも言えないw
変身ヒロインがそのまま肉弾戦をしちゃうんですよねー

自分の中の変身ヒロインの最上位は「どれみ」なので、
やっぱり女の子が集団でパンチやキックをするのはちょっと(苦笑
そういう意味じゃ、どれみの何でも出来る『魔法』ってのはすごい良かったなぁ。
また見たくなってきた・・・
今度合宿メンバーを巻き込んで、どれみ大合宿(全200話+α)とかどうだろう。
(いやー無理か)

せっかく1年分の視聴が完了したので、次は「Yes!プリキュア5GoGo!」ですよねーやっぱり。
駆け足で視聴しているので、プリキュア5に対する世間の評価とかを一切知らないんですけど、
人気が出ての第2期だと思うので、ぼちぼち期待をして見ていこうかな。
2009/09/05 23:24|アニメTB:1CM:0

 

日曜日に、ようやくエヴァの劇場版を見てきました。

いやー、2年間待ったかいがありました。
映画見ながら、緊張して足が震えるとか初めてだったなぁ。

※以降、ちょっとだけネタバレ
(以下に続く)

▽続きを読む▽
2009/07/06 22:02|アニメTB:0CM:0

 

フラッと突然のアニメ感想です。

先日の合宿で、友達たちとドラゴンボール改を見た時に、
"液晶テレビよりも、ブラウン管テレビの方が綺麗に見える"
と言われて内心ショックだった自分です。

そんな中、今日も液晶テレビで視聴した訳ですが。。。

いやー蛇の道ってこんなに早かったっけwと思うくらいにサクサク展開ですね。
まぁここからの修行が長いんですけど。
あんまりサクサク過ぎると、べジータが襲来した時の
「悟空!早く来てくれー!!」と言うクリリンの絶叫。
あれのカタルシスが何とも言えなくなってしまうのが、気になるところです。

そしてグリリバの天さんにも段々慣れてきました。
あとはナッパのキャストかな。
ゲーム版だと余裕で出演してるのに、何故に飯塚昭三さんは交代しちゃったのか~?
今後はべジータ&ナッパが猛威を振るう展開なので、
早く自分の耳を慣らさなければw
こういう時は、無駄な脳内音声データベースが悩ましい。。。

まぁ悟空声の野沢さんにもハラハラしている訳ですが。
CMでのCD発売ナレーション・・・。そのうちDVDの発売ナレーションも来るな、これは。
2009/05/10 10:09|アニメTB:0CM:0

 

一週間という短期間上映がついに地元に・・・(感涙

五章まではDVDで視聴のみで、一度も映画館に行ったことは無かったのですが、
六章で初の映画館鑑賞とりました。
(一章開始直後は、新宿での単館上映だったので物理的に無理)

6冊大人買い

あ・・・ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
2,000円を握り締め映画館に行ったと思ったら、
いつの間にか10,000円が無くなっていた
な・・・なn(ry


まぁ本当にポルナレフ状態になったんですけどねw
写真のとおり、衝動買いとは恐ろしいものです。
だが後悔はしていない。

(以下に続く)

▽続きを読む▽
2009/05/03 23:03|アニメTB:0CM:0

 

朗報!なんてタイトルつけましたけど、
私個人にとって朗報、と言うだけで
別に真新しいニュースとかではありません、あしからず(苦笑)

で、自分にとって何が嬉しいニュースなのかと言うと、

地元の映画館で、空の境界 第六章「忘却録音」が上映される!

と言うもの。
映画館の上映スケジュールに、空の境界が記載されてるのを見つけた時は、
もう本気で目を疑いましたよw。
脳内は「キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!」一色w
空の境界の劇場版は、東京など一部の映画館でしか上映されないスタイルなので、
地方民にとっては、首を長くしてDVDを待つのみだったんですけどね。
しかも「忘却録音」のDVDの発売予定は一向に発表されない・・・
見てー見てーとは思ってましたが、まさか劇場で見れるなんて、、、感動です。

本当は、劇場版エウレカセブンの上映スケジュールを調べようと思ってアクセスしたんですけどね。
そちらは吹き飛んでしまいました(苦笑
(※エウレカも追々劇場に足を運ぶ予定です)
ただ、GWの特別枠だからなのか、上映期間は1週間しかないので、
なんとしても予定を調整しなければ!

とりあえずは上映初日か2日目に出立する予定。
早めに行っておけば、2回3回と見に行くチャンスが増えますからね。

あー、これでやっと『fairytale』が聴けるw (Seventh Heaven収録の六章ED曲)
CDは持っているんですが、劇中のインスピレーションを大事にしようと
一度も聴かずに封印していたのでね。
wktk


劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋 【完全生産限定版】 [DVD]劇場版 「空の境界」 矛盾螺旋 【完全生産限定版】 [DVD]
(2009/01/28)
Windows XP

商品詳細を見る

2009/04/30 00:31|アニメTB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。