日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

グレンラガンに続いて、一週間遅れでのヒロイック・エイジの視聴。
4話が一触即発!みたいなところで終わっていたこともあって、最初から最後までバトルな回でしたね~。
新しい設定バレとかも特になかったので、微妙に感想が書きづらい(;´∀`)

アルゴノート・・・

「僕もあとで戻るよ。アルゴノートは好きだ。」

と言うわけで、第5話の簡易感想いってみましょう。
今話のポイントはイオラオス君の株価上昇かな?





▼アバンの解説完了?
前話が、いかにも「つづく!」ってカンジの終わり方だったので、今回のアバンは前話の引きからスタート。
もうアバンでの世界観紹介は完了したってことかな?
結構小出しに情報を提示してくるのが楽しみだったので、また再開してくれると嬉しかったりするんだが。

微妙にアバンとは関係ないけど、アバン後のOPは最高ですね♪
歌だけならば今期No.1だと個人的には思ってますけど、皆さんはどんなもんでしょうね?
5/9にシングルが発売するようなんだけど、購入を思案中・・・んー。


▼ノドス=化身同士の戦闘
今回のメインはコレに尽きますね。
てか、相変わらずベルクロス強すぎでワラタwww

最初は人間モード(とは言え人間離れしてるけど)での戦闘から始まって、最終的にはカルキノスとエイジ共々、ノドスの姿を借りての超絶バトルへ突入。
何気に『化身』って言葉がかなり気に入りました。
これまで、「変身」とか「召喚」とか色々考えてましたけど、「化身」って聞いて、それだっ!!って思いましたね。
カルキノス、(*^ー゚)b グッジョブ

対峙

それにしても人間形態時の戦闘は相変わらず微妙でしたねぇ。
前話でもそうだったんですが、なんか体重が乗っていない動き、って言うんですかね。どうにもジャンプがふわふわしていて、動きが軽く見えてしまいます。
前話は演出のせいかなぁ、と思っていたら今回もそうだったのでちょっと心配だったりします。
素材を生かすも殺すも演出しだいですぜぇ。

そしていざ戦闘となると、穏健派かと思っていたカルキノスもなかなかどうして、やるやる♪
エイジが星を傷つけないように気を使ってるのに、全くお構いなしって感じでしたね。
小手調べってとこなんだろうけど、イマイチ行動が不鮮明だった気が。仲間にしたいと言っていた割りに、何がしたかったのか?

あとはベルクロスの登場で全て解決・・・っと〆(゚▽゚*)メモメモ
そろそろ虫退治ばかりの戦闘にも改善を要求したいですね。今回なんて虫がベルクロスの餌と化してたくらいなんで。
しかしその虫にさえ苦戦する鉄の種族のオーガン、、、今後はどう展開するつもりなんでしょうね。
如何せん、英雄の種族との戦力差がありすぎて共闘ってレベルじゃないんで、戦闘シーンに一抹の不安を覚えます。
全てベルクロスの拳一つで解決するようなら、ちょっと評価が難しくなってきますなぁ。


▼イオラオス株価上昇中
風・・・
イオラオスは風
あなたの声は優しくて強い風だと・・・


4話であったエイジとイオラオスの会話の延長ですね
エイジ「ディオネイラの声は暖かい光」
エイジ「アネーシャは朝の空気」
エイジ「ペイルとメイルは流れる雲」

イオラオス「なら兄である私は、さしずめどんより垂れ込めた雨雲か・・・」


自嘲気味に自分を評していたイオラオスですが、少しずつエイジを認めつつある姿がよかったですね。エイジはモノの本質を見極める目を持っているようなので、イオラオスのこの評価は正当なものなんでしょうね。

戦闘シーンではノドスに全て持っていかれてしまうのでちと残念ですが、彼の作中でのポジションは、エイジとの友人って所に落ち着くのかも。展開によってはその方が面白くなりそうな気がするなぁ。


▼出番少ない・・・
姫分補給
登場してもカプセルで寝てるシーンが多くて泣けてきます。
もっと動く姫様が見たい!
ってことで姫様分を補給中。
次回は出番が多いといいな~。


gravitation gravitation
angela (2007/05/09)
キングレコード

この商品の詳細を見る
2007/05/08 01:27|ヒロイック・エイジTB:2CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
ヒロイック・エイジ 第5話
サブタイトル「ノドス」  エイジとカルキノスの遭遇は、英雄の種族同士の壮絶な戦いへと進展する。  モビードやエイジの思いとは裏腹に、戦いはティターロスを巻き込んでゆく...
オヤジもハマる☆現代アニメ 2007/05/08(火) 05:42

レビュー・評価:ヒロイック・エイジ/第5話 ノドス
品質評価 17 / 萌え評価 9 / 燃え評価 18 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 2 / お色気評価 0 / 総合評価 10レビュー数 128 件 化身せずに戦うエイジとカルキノス。イオラオスは、突然現れた男(カルキノス)が、銀の種族の側のノドスであることを知る。双方ノドスへと化身し
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007/06/13(水) 19:59

トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/94-97b31913

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。