日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

かれこれ一週間遅れになってしまったアニメ感想。
いやー、先週はハードでしたね、、ろくにブログの更新すらままならない感じでしたよ。このGW中になんとか遅れを取り戻したいところです。

猿に・・・

「私も猿に生まれたかった・・・」

と言うわけで、ヒロイック・エイジ第4話の簡易感想です。
多分、各所でネタにされていたであろうイオラオス君ですが、面白すぎです。





▼イオラオス=猿になりたい発言
イオラオス君、あんたもうダメだよw
作中の中で一番好きなキャラが王女と言う、ディオネイラスキーの自分ですら引きましたね。
まぁ憧れのディオネイラにエイジが急接近してるので、気持ちは分からないでもないですが、人間捨てちゃいかんでしょw

そして双子の妹達からディオネイラの立体写真を購入、って…。
「振込みはいつもの額で~」なんて言われる有様だし、あの部屋にディオネイラが訪問するようなことがあれば、間違いなくイオラオス死亡(笑)

前回の感想で、散々ヘタレロードまっしぐら、なんて書いてたけど元々素質有りだったようで。
でもそのおかげでイオラオスの敷居が随分下がった感じがするし、今回で彼を気に入った人は多いんじゃないですかね。各言う、私もその一人ってことでw


▼アバン=小出し
毎回少しずつ、世界観の説明を追加していく手法みたいですね。
今回は、黄金の種族が既にこの世界にはおらず、そこに銀の種族が取って代わったと言う事実が判明。
なんか…すごい放置っぷりですよね、黄金の種族は。
様々な種族を呼び寄せておいて、自分はさっさと別の宇宙へ行ってしまう。そして残されて種族は、黄金の種族の予言(契約)に振り回されながらのサバイバルゲームに突入…と。

今後、黄金の種族が戻ってくるってことはあるのかな。
なんとなく、鉄の種族が銀の種族を倒した後のラスボスになりそうな予感もするんだよなぁ。
初代Sagaの神の如く、ゲームを傍観してるような神はいらないですよ~。


▼4人のノドス=リーダーはロリ
ノドス

銀の種族自体が、鉄の種族に対して好戦的な面が多いので少し誤解していましたが、銀の種族に属する4人のノドスは必ずしも好戦的ではない模様。
まぁリーダー(?)っぽいユティは、まさしく銀の種族と言わんばかりの思想の持ち主のようですが、今回エイジに接触したカルキノスは何とも微妙な立場のようで。

そもそもノドス達は、同じ場所に集ってはいるものの、必ずしも意思統一が出来ていないようで、メタヒカとレクティに関しては発言らしい発言もなく、この段階では何とも言えないですね。
ただ、リーダーと思しきユティの容姿がディオネイラに似ているように感じるのは、自分だけですかねぇ? OPでユティが出ているシーンは、幼少時のディオネイラだとずっと思ってたくらいなので。
エイジが対面したら結構面白そうかな。


▼エイジvsカルキノス
対峙

カルキノス「英雄の種族を宿す者同士、戦うことはない」
エイジ 「お父さんたちが言ってた。『4人やっつけなきゃいけない』って!」


今回はベルクロスの出番は無し、ということで生身同士での前哨戦といったところ。
それにしてもやっぱりエイジの存在は不思議ですね。
黄金の種族をお父さんと仰ぎ、その言いつけをもはや本能のように実行していく姿を見ると、とてもアルゴノート側で制御できる風には見えないですね。

そしてノドス同士が対峙している裏で、アルゴノートは銀の種族に包囲されちゃいました。
こういう戦いものの作品で『中立』って国が出てくると、大抵力によって制圧されてしまうのが悲しい所です。サンクキングダムしかり、オーブしかりってところでしょうか。
果てはエイジ、イオラオス不在の今、銀の種族への対抗手段がまるでないのがつらい。ベルクロスが居なければアリンコ退治すら困難ですからねぇ。さてどうこの事態を切り抜けるのか楽しみです。


次回ではノドス同士のバトルもありそうなので、いよいよティターロス崩壊の危機なのか?


gravitation gravitation
angela (2007/05/09)
キングレコード

この商品の詳細を見る

2007/05/02 19:57|ヒロイック・エイジTB:2CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
ヒロイック・エイジ 第4話
サブタイトル「惑星ティターロス」  中立星ティターロスに寄港したアルゴノート。  星に下りたエイジの前に現れたのは、ノドスの中の1人・カルキノスだった。
オヤジもハマる☆現代アニメ 2007/05/02(水) 20:12

レビュー・評価:ヒロイック・エイジ/第4話 惑星ティターロス
品質評価 14 / 萌え評価 34 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 12 / お色気評価 10 / 総合評価 14レビュー数 149 件 物資補給などのため、数多のスターウェーが集中する「中立なるターミナル・プラネット」惑星ティターロスに入港するアルゴノート。ノドスの一人
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007/06/21(木) 19:24

トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/88-4b6361d9

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。