日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

当日にも少しブログに書いてましたが、
先週の日曜日(8/29)に、舞浜で行われたゼーガのBD-BOX発売記念イベントに参加してきました。

9/1を過ぎ、まだBD-BOXを手にしてないというのに…

イベントおめ!

(以下へ続く)


≪開場前≫------------------------------------

開場15:30、開演16:30 のスケジュールでしたが、
事前に"物販があるらしい"との情報もあったので、少々早めに出発し、
14:40頃に現地(舞浜:東京ベイホテル東急)に到着。

自分が着いた時点で、ロビーで待っていたのは恐らく20人くらいだったかな。
現地は、いわゆるリゾート地(ディズニー圏内)なので家族づれで溢れており、
自分のように小バック片手に単独行動をしてるのは、ほぼ例外なく仲間w

15時を回ったあたりから続々と人が増え始め、
ホテルのロビーはちょっと得体のしれない雰囲気に。
隣で開かれていた結婚式の参加者たちは、何事かと思ったでしょうね。
なんだろう?とゼーガの看板をチラ見していく姿が苦笑いを誘います。



≪抽選、そして≫------------------------------------

そしてリハの音がガンガン聞こえるなか、10分ほど遅れて受付開始。
ここで今回最大のネックとなるのが『受付=座席抽選』であること。
早々にクジは引いたものの、肝心の座席位置は開場されるまで分からない。

自分が引いたのは「A-○○」

○○の数字は結構大きく20番台だったので、もし「A」が列だった場合、
会場端っこ最後尾、という一番不運な可能性が...
ネガティブなことを考えながら30分ほどを待ち続け、そしていざ開場。

「やべーー!!」と思わず声が出たw
なんだか訳が分からないが、自分の引いた席は「最前列の中央」らしい。


普段のクジ運的に"ありえねー"と心の中で叫びつつ、この時点で半泣きでした。
そりゃあ隅っこかも、と思ってたら最前列センターですからね…テンションも上がります。



≪開演-1部≫------------------------------------

予想に反して、フォセッタのお天気情報からイベントスタート。
さぁ皆さんご一緒に!

「「「「エエエンタングルルル!!!」」」」

揃ってねーwと言いつつキョウ役の浅沼さんとリョーコ役の花澤さん、
そして下田監督が舞台に登場。(+司会はバンダイの廣岡さん)

あれ?一人足りない??
と思っていたら廣岡さんから、キャラデザ等の幡池裕行さんが来れなくなったとお詫び。
もっとブーイングが出るかと思ったら、目先の出演者にみんな夢中で大きな混乱はなし。
(※しかしこれがラストのドッキリイベントに繋がろうとは)

そして始まる1部のトークショー。
事前に募集していた質問を元に、色々と昔を振り返ります。
覚えてる限りでは、
「ゼーガにキャスティングされたときの感想」
「キャラクター人気投票」
「好きな台詞ランキング」
「作中で予想以上に上手くいったこと」

とかだったかなぁ。

好きな台詞が全部キョウの台詞だったのは意外だったなぁ。

キャスティングが決まった時の心境とかの話はすごい興味深かった。
特に浅沼さんのゼーガ愛はマジで異常。
これまでそう思っていたが今回の話を聞いて色々と納得した。

これまで色んなところでゼーガの主役になった頃の話は聞いてたけど、
自身が所属してる劇団が解散した直後、ってのは始めて公表したんじゃないかな?
そりゃあ思い入れもすごいし、当時の浅沼さんのブログを思い出して泣けてきた。

・浅沼晋太郎ブログ-2008年1月17日「きっと忘れない」
http://ameblo.jp/shintaro-asanuma/day-20080117.html


そして最前列の恩恵!
花澤さんの足がまぶしすぎるよ。

舞浜南の制服を着て、たださえ足の露出がすごいと言うのに、
1時間ものトークショーだから、自分の目の前でさらに椅子に座る。
目前過ぎてマジで直視できないし、恥ずかしがりやの自分に嫌気がさした(苦笑


トークショーは終始笑いっぱなしになるような楽しいもので、
特に、極楽とんぼの話題がまさか浅沼さんサイドから振られるとは思ってなかったので、
みんな大爆笑してたなぁw
ある意味触れずらい話題だとは思っていたのに、監督までのっかってきちゃったし。
やっぱ関係者も番組終了後のあの次番組紹介台詞、嫌だったんだなw



≪開演-2部≫------------------------------------

休憩を挟んで2部がスタート。

2部のメインは「朗読劇」。
事前に聞いてはいたけど、自分の中でいまいちピンと来てなくて、
どんなものが展開されるんだろうと興味津々でした。

舞台暗転後、登場する浅沼さんと花澤さん。
そして朗読開始。

あぁ、生アフレコ版ドラマCDなのか!とようやく合点がいく自分。
しかも始まったストーリーは最終回後のお話!
そのうえ朗読劇なので、参加者はキャストの二人だけだと思ったら、
音声だけで(事前取り)他のキャラクター達も参加してる!!!
トミガイだー!ハヤセだー!


ストーリーにも集中しなきゃいけないのに、
懐かしい登場人物の声からその場面を脳内で構成するのに必死で、色々と大変でした。
もちろん、自分待望のシズノ先輩(川澄さん)も声だけながら登場!
(※袖からサプライズで出て来い!と念じ続けたのは自分だけじゃないはず)

記憶が欠落しているシズノ先輩の口から
「キョウさんとお呼びしていいですか」
の台詞にはとても切なくなった・・・


そして朗読劇がラストを迎えると、
今度はまるでアニメのエンディングを彷彿とするように聞き覚えのある曲が!


今度はROCKY CHACKさんのライブがスタート!
とりあえずイントロが聞こえた時点で涙腺は緩んでいたが、もうしょうがない。
立て続けに「ラストブルー」「and you」「リトルグッバイ」の3曲を熱唱。

本人達も
「あんまりライブとかやらないんで・・・」
「あんまりと言うか全然やらないねw」
と言ってるくらいで、トークとか不慣れな感じがまた新鮮でした。
そんな滅多にお目にかかれないライブを、生で、しかも目の前で見れるなんて・・・

ゼーガ好きの人は決まって「EDの入りが神」と言うほど、
ROCKY CHACKさんの曲とゼーガペインの親和性はかなり高いわけですが、
これまで以上に好きになったのは間違いないと思う。。。


そして2部のラストは、新情報の公開タイム。
・アニマックスでの再放送
・最終ムック本の発売
・カミナギのフィギュア発売
・ロボット魂


再放送の発表の時に「一気見のチャンス」って紹介しちゃう廣岡さんにワラタwww
一気見も何も、ここに来ている参加者はみんなBD-BOX購入者ですからw

びっくりしたのはカミナギフィギュアの発表の時。
自分の隣に座っていた"この人おとなしいなぁ"と思っていた人が突然奇声を上げやがるw
確かにこの時の歓声はすごかったけど、隣の人は豹変にマジでビクってなってしまったよ。


そして開始から2時間を過ぎ、ついにイベントも終わりを迎えることに。
壇上に今日の出演者が全員登場し一人一人挨拶をしていきましたが、
やっぱり浅沼さんは色々とすごいなーと思ったよ。

・今回の朗読劇は浅沼さんの脚本であること。
・本来なら二人(浅沼さん&花澤さん)でやる朗読劇に、
 みんなが見たいものを追求し色んなキャラクター声だけ参加を実現させたこと。
・ゼーガ最終回のアフレコに来れなかった神谷浩史さんのことをずっと気に掛けており、
 忙しい中無理を言って今回の朗読劇に参加してもらったこと。(浅沼さんなりのけじめらしい)
・みんなが聞きたいのは幕間劇ではなく新作じゃないのか?と思い、最終回後の続編を脚本化したこと。
・そして『次回作に使えそうな部分』を色々とこそぎ落としたこと。


こんだけ作品のことを好きで、なおかつお客さんのことを考えてくれる声優さんはそういないよね。
「お客が何を望んでいるか?」に視点が向くのはやっぱり劇団で舞台をやってるからなんだろうなぁ。

本当に出演者さんたちの頑張りで、最高のイベントを味わうことが出来ました!
人生初の最前列だったしね!!


そして大団円ののち、イベントは終了を迎え、みんな帰路につく・・・はずだったのだが。



≪イベント終了...、と思いきや≫------------------------------------

イベント終了からおよそ5分後。

バンダイ廣岡「幡池さんが間に合いました!!! (あ、間に合ってはいないけど・・・)」

冒頭で今日は来れなくなった、と言われていたもう一人の出演者がここに来て参戦。

既にホテルから出てしまった参加者は、スタッフがダッシュで呼び戻しに行ったりと、
場内はまさに騒然。

サプライズ?
何が始まるんだ?

とざわついている頃に、ついに幡池さん登場!
そして「間に合いました。みなさんにお土産があります。」の一言。

ザワザワ・・・ザワザワ・・・

始まるスライドショー。
映し出された文字は「Zegapain Zero」

「「「「ウォォォォォォォオオオ」」」」

と本日最大のどよめき。もちろん自分も大合唱。

その後、数枚のコンセプトアートがスライドされお土産は終了。
ちょっと大人になったキョウや、新キャラと思われる謎の少女、
新たなデフテラ領域と思われるイメージ絵など、
想像力を書き立てられるまくるような映像の応酬でした。

幡池さん曰く、まだバンダイへの提出もしていないいわばプレゼン資料であり、
これをもって「舞台化?」とか色々発展させて行きたい、とのこと。
舞台化って言葉にはちょい引っかかるものはあったが、
アニメ化の道が無い訳ではなさそうなので、今後の展開に期待せざるを得ない。

最速でプレゼンをされたバンダイの廣岡さんも困ったような顔してたしねw

「次がいつになるかは分からないけど、来年の夏とか、また会えるといいですね」

そんなような言葉で〆た幡池さんの顔を見ると、
まだまだゼーガは続いていくぞ、と楽しみが広がりますね。
小説第2弾もでるかも、って言ってたしね!



≪物販・展示≫------------------------------------

そんなこんなで無事にイベントも終了したので、いくつか展示品を公開。
携帯で写真を撮るのも一苦労ですw

DVD-BOX!!
なつかしのDVD-BOXです。
1ゼーガなどど揶揄される日が始まったのもこの頃です。


BD-BOX!!!
そしてBD-BOX!!(早く手元に欲しい!)
BOXの絵柄も見ましたが、超カッコイイ! よく見たら新居昭乃さんのコメントもある!


脚本その1
脚本その2
脚本集です。
現場では気づきませんでしたが、置かれているたのは6話、11話、16話、20話、26話の5種類。
なるほど新録コメンタリーの脚本だったのかー。


ロボット魂!!!!
照り返しが強くてちょっとピントが合っていませんが、ロボット魂のフィギュアです。
このケースの上方にはエリンギ搭乗機の参戦決定の文字がw


寄せ書き!!!!!
参加者がまだ誰も貼る前、出演者3人だけの寄せ書きです。これはいい写真。
もちろん自分も書いてきましたよ。


カミナギ!!!!!!!
記念すべきDVD第1巻発売時のポスターだそうです。
ちなみにイベント時の花澤さんの衣装は、まさしくこのカミナギの制服でした。
そりゃあ太ももがまぶしくもなります。


あとは自分の手元にBD-BOXさえ届けば、このイベントは本当の意味で完了する!
いやー、割増料金でもいいから21時~24時とかの時間指定出来ればいいのに・・・<宅急便

ともあれ、ゼーガ好きでイベントに参加したみんな、ホントお疲れっした!!
また同じような楽しみを味わう日が来ることを切に祈ってるよ。
その時は北海道サーバーから再び来訪するぜ!!
2010/09/03 00:08|アニメTB:1CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
[視聴読][おでかけ]2010/08/29「2学期直前!ゼーガペイン夏祭り@舞浜サーバー」記事リンク(9/2追記)
2010/08/29に東京ベイホテル東急で行われました「2学期直前!ゼーガペイン夏祭り@舞浜サーバー」、 有り難いことに当選いたしましたので報告をアップしようと思うのですが…… その前に、まとめ記事がいろいろ出ていますのでリンクつくるのだ。 レポではないですが、まずは
みねちんにっき 2010/09/03(金) 00:25

トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/501-44f07616

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。