日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

たまっていた散財も残りわずかになってきました。
ここからはブルーレイタイムになりそうな予感。

20100413

自宅に配送されたのは、ユニコーンはまだ1ヶ月前くらいだけど、
つばさキャットに到ってはもう1ヶ月半以上前のことになるのか。。。
全然「ここ最近」じゃないって言う。
(以下に続く)


●[BD]機動戦士ガンダムUC 第1巻
開封したのは3月末の半休の日だったかな。
ユニコーンだけは、どんなに忙しくも1日1回は必ず見てた気がします。
アバン後にある3分間の戦闘シーンなんかは、3桁くらいは見たような。

ファンネル!!
クシャトリヤがカッコよすぎる。
そしてマリーダさんが好きすぎて生きているのがつらい・・・。

そりゃ普段ガンプラを購入しない自分が、HGUCクシャトリヤを購入してしまうわけです。


ついつい、クシャトリヤに夢中になってしまいますが、
やはり久しぶりの宇宙世紀のガンダムは熱いです。
自身の一番好きなガンダムは『逆襲のシャア』
勿論、初代ガンダム、Z、ZZとがあっての作品ではあるんですが、
自分の中の逆シャアを越えることはないだろうなぁ、と思っていたことも。

逆シャアのその後を描いた作品は、F91やVガンダムなど色々ありますが、
今回は逆シャアから3年後。
シャアが起こした反乱の余波がまだ残りつつ、
そして連邦側でも聞き覚えのある名前がちらほら出てくるこの状況。
なんだかシチュエーションだけでwktkが止まりません。

また前情報は一切入れていなかったにも関わらず、オードリーの素性把握は余裕でしたw
まぁZやZZを見てた人にとって、一目瞭然の風貌(髪型とか)なんですが、
それでも「こういうストーリーで来るのか!!」と思った瞬間に、
過去作品のいろんな場面がフラッシュバックしましたね。

あの娘がこんなに立派になって・・・(涙

なんだか知らないけど、微妙に親の心境になったりしましたが、
回想で父親とか出て来るんでしょうか?
ブライトさんと同様、中の人が既にお亡くなりなので気になるところではあります。

ザビ家の家系にとって、ガンダムは仇みたいなものだろうに、
これからオードリーとバナージはどうなっていくんだろうなぁ。
小説も買ってみたんだが、先を知ってしまうのは非常にもったいなくてまだ読んでません。
でも完結まで今のペースで3年か・・・長いぜ。

とりあえず今年秋発売予定の2巻まで、1巻をリピートしながら座して待つ!
なんか仮面の人も出るらしいしね。(CV:池田秀一さんとかどういうこと?)


●[CD]機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック
作曲者は澤野弘之さん。
ドラマや映画が主戦場らしくお名前は知らなかったんですが、いい曲作りますね。。。
最近はゲームサントラはたまに買ってましたが、アニメサントラは久しぶりかも。
まさに、1巻見てから購入余裕でした、状態ですよ、ホント。

まだ1巻の時点で未使用の曲も多々ありますので、今回は特に好きな曲をピックアップ。

2.UNICORN
ユニコーン起動時のBGM、と言うかこの作品のメインテーマなのかな?
雄大にして荘厳。
父子の対面⇒ユニコーンを子に託す⇒ユニコーン起動
この流れは何度見ても震えるし、BGMの盛り上げ方が素晴らしいと思う。

4.MINEVA
ちょw曲タイトルがネタバレwww
まぁ周知の事実だからイイのですが(PVでも『亡国の王女』とか言ってますし)、
想像していたよりも曲調が面白い。
1巻の時点で、彼女の意志の強さみたいなものも垣間見えましたが、
曲調からもっと色んな面が見られるのかな?と今後にも期待してみる。

5.MOBILE SUIT
もうクシャトリヤのテーマとしか思えない。
1巻のインパクトが強すぎて、良曲なのに2巻以降は使わない方が・・・と思うほど
あの戦闘シーンでのシンクロ率は高いです。
ファンネル放出⇒サイコミュでロックオン⇒開眼!
音楽と映像の相乗効果?って言うんでしょうか。非常にそれが顕著な曲だと思います。

7.MARIDA
不安定なイントロ、聞こえてくる不協和音など
この曲からマリーダさんは強化人間なんだろうなぁ、と推察しました。
ニュータイプかもしれないですが、ジオンは研究と称して手を入れるのが好きですし。。。
この辺も小説読んじゃえば一発解決なんですけどね。

12.ON YOUR MARK
2曲目の「UNICORN」と並んで壮大なイメージがあって好きな曲です。
そしてBD特典の映像で、作曲者の澤野弘之さん本人がこの曲について語っていて尚好きになりました。
作曲者にとっても渾身の曲のようですし、
「バナージのテーマ」であることからも、今後きっといい場面で使われるはず、
と楽しみにしています。

13.FULL-FRONTAL
これがUC版シャアの曲・・(ゴクリ
フル=フロンタルは2巻からの登場みたいですが、
この曲を聴いただけでかなりの強敵らしいことが伺えます。
普段は、本編で流れていない曲を聴くのは躊躇ってしまうんですが、
曲から、その人物を想像したりシーンを思い浮かべたりなど、
こんな楽しみ方もあるんだなぁ、と新しい発見をした気分です。


●[BD]化物語 第5巻 つばさキャット(上)
下巻の発売日がずずーっと延期になったので、
のん気に今頃感想です。

この巻からいよいよ「つばさキャット」が始まるわけですが、
一番印象深かったのは、ひたぎクラブ3話、もとい本編12話ですね。

私に化物語の面白さを熱心にアピールしてくれたミュージシャンの友達がいるんですが、
「ED曲をフルで聴くと泣ける」と、彼が言っていたのがずっと引っかかっていました。
私はTV放送分は未視聴だったので、EDの曲もいい曲だな~とは思ってましたが、
そこまで特別な思い入れは無かったわけです。

でも本編12話を見たら・・・「あぁそういうことか・・・」と。
12話はTV放送時の最終回だったそうですが、
そのための演出もあってか、EDの曲が別物に聴こえましたね。
なるほど、これは確かに名曲だ。
がはらさん好きな自分には、ピンポイントで泣かせに来られたようで参りましたよ、ホント(苦笑

そして表題のつばさキャットについては、
今現在未完ということで評価はそれからかな。
堀江嬢の演技は相変わらず素晴らしいな、とだけは言っておく。


機動戦士ガンダムUC オリジナル・サウンドトラック機動戦士ガンダムUC オリジナル・サウンドトラック
(2010/03/10)
ビデオ・サントラYumiko Inoue

商品詳細を見る

2010/04/13 21:12|散財TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/456-3735a0f3

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。