日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

スパロボZの発売を前に、クリアしようと頑張っていたんですが間に合わず、
結局ちょうど一ヶ月の時を経て、戦場のヴァルキュリア、1週目をクリアしましたヽ(´ー`)ノヤッタネ

クリアしたのは昨日、と言うかぶっちゃけ今朝の5時半。
夜の22時頃からスタートしたんですが、残すところあと2面!って局面で、
これなら2~3時間あればクリア出来るかなぁ、と高をくくったのがまずかった。

しかし、ゲームで完徹なんて久しぶりだなぁ
まだまだ戦える自分の意志力に感動したw

(以下に続く)


そもそも「戦場のヴァルキュリア」は、我が家にとってのPS3初タイトルだったので、
期待半分、疑い半分でプレイし始めました。
結論としては、予想以上に面白く、且つ印象に残るような作品でしたね。
(購入したいきさつについては、以前の散財日記にて)

プレイし始めの第1印象としては、映像出力が720pだったのを知って、
1080pじゃないのか・・・orzと若干凹んだのを覚えています。
PS3の力を見せてもらおうじゃないかか! って勢いで始めたので、
出鼻をくじかれた気はしましたが、いざ始めてみると、、、ほぉ、これはイイ。

システム的に気に入ったのは、シミュレーションゲームではお馴染みの、
決まった行動量の中でキャラクターを自由に動かす事ができるシステム。
そして今回のは、それの発展型とも言うべきシステムでした。
お馴染みと言いましたけど、ベースはいわゆるサクラ大戦3のシステムが基になっていて、
相違点は、行動のキャンセルが出来ないということ。

具体的な例を挙げてみると、
10mほど前進をして、いざ索敵をしてみると周りは敵だらけ、
で、これはヤバイと今の前進行動をキャンセルする・・・
このキャンセルが効くのが、サクラ大戦のような旧シリーズで、
キャンセル不可なのが今作のシステム。
言葉にするとどうって事ない気がするんですが、
いざプレイしてみるとこれがなかなか難しい。
そしてこのシステムが、戦場にいい緊張感を与えているようにと思いました。

ちなみに、システムのベースがサクラ大戦3と書きましたが、
なんと開発元が同じと言うことを後々知って驚きました。
プレイした時には、システムがサクラ3に似てるなぁくらいにしか思ってなかったんですが、
まさか同じスタッフだったとはw
なんと言うか、別に選んで買ったソフトではなかったんですが、
何かと、SEGAやオーバーワークスには縁があるんだなぁと思わざるをえないですね。


もちろん気に入ったのはシステムだけじゃなく、ストーリーやキャラクター、インタフェースなどなど、
これはなかなか高得点なんじゃないか?と思うような完成度だったと思います。
特別、ツボに入ったキャラクターがいた訳ではないんですが、
続きをプレイしたい、と思わせるようなストーリーの楽しさが良かったですね。
まぁイサラ関連のイベントは、涙無しには見られませんが・・・(つд∩)ウッ

難易度的には、単騎でのパワープレイが有効であったりと、若干改善の余地がある気もしますが、
NORMALプレイでもやられる時はやられてしまうと言う亜、程好い難しさだったと思います。
敵の配置を考え、こちらも効果的な布陣で~と、戦術を練れば練るほどターン数がかかってしまい、
クリア評価が下がると言うのはいかがな物か
と思いますけどね(苦笑
まぁプレイヤーとしては、配置した全員を満遍なく使いたくなるわけで、
その辺のジレンマが何とも言えない感じでしょうか。
義を取って部隊への愛情を選択するか、実をとって資金、経験値を優先するか。
自分は義を取ったが為に、レベル不足に悩みましたけどねーw まぁそれもまたありかと。

兵種的には、ランクアップしてから鬼神の如き強さを誇る偵察猟兵がNo1かなぁ。
なにせグレネードの使い勝手が良過ぎです。
中盤以降は、しゃがみ状態の敵をグレネードで吹き飛ばし、立ち上がったところを狙撃でヘッドショット!
こういう自分なりのコンボが楽しめるのも、戦闘での懐の広さなのかもしれません。
あとは偵察猟兵がNo1とは言いましたが、最終盤の狙撃兵の強さも尋常じゃないです。
序盤こそ活躍の場が少なく、且つ戦場に出しても命中率の低さから微妙なポジションだった狙撃兵ですが、
武器の命中率が上がってくるとまさにゴルゴ。
支援兵を隣において、一人で6連続撃破とかをやってのけると、もうヤミツキになってしまいます。
まぁ敵にいたら真っ先に叩きますけどね。。。立ってる味方を何人やられたことか。

そして良ストーリーと言った要因の一つが、皆さん幸せハッピーエンドだったこと。
つい数日前に、スパロボZの全然ハッピーじゃないEDを見た後なので、
余計に幸福感に満ち溢れてしまいました。
色々と突っ込みたいところもありますが、ファルディオとかファルディオとかファルd(ry
やっぱり物語はハッピーエンドじゃないと!
バッドエンドを見るために何十時間もプレイしたんじゃないぞー!!
と言う自分の心の叫びが聞こえて来そうですが(苦笑)


あとはクリア後のお楽しみ。
結構引継ぎ特典が多いようなので、強くてニューゲームな感じで2週目も楽しめそうです。
そしてXBOX360でお馴染みのDLCも販売中。
ちょうど明日(10/30)、新たに配信されるものを含めると、
HARD-EXモードの追加、追加シナリオ×2の、3商品が販売対象になっています。
昔と違って、HARD-EXモードとかには全然食指が動かないんですけど、
そのうち追加シナリオは買ってしまいそうな気がする。。。

・『イーディ分隊大作戦!』 \600
・『撃て、セルベリアと共に』\800


アイマスの衣装一着と比較すると、何と言うお得感w
いまさらDLCに対して何の抵抗もないダメ人間なので、
もはや問題は"いつ購入するか?"の一点くらいなものかも、、、
ただ、XBOXのゲイツポイントと違って、"円"で表記されているだけましだよなー
と思ってしまう自分は、もう両足がどっぷり沼地につかっているんでしょうね。
当人が足を洗う気がないのが一番の問題な気もしますが。

と言うことで、もしかしたら後日DLCの感想なんかを書くかもしれません。
現在、メガテン3とキミキスと言う180度方向性の違う2タイトルを、並行プレイ中なので
いつになるかは分からないですけどね。

結論:PS3保有者、且つシミュレーション好きならオススメ


SRSP 戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレスSRSP 戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス
(2008/12/25)
不明

商品詳細を見る

2008/10/29 14:51|ゲームTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/260-974a2e6d

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。