日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

せっかく追いついたので、簡易ながら早めに感想の更新です。
お話としては、前回の3話までが一くくりと言った感じのようで、
今回の4話は、この後に始まる新たな展開に向けて、キャラごとの気持ちの整理が主点だったようです。

スメラギさん復隊!

まぁ気持ち、と言うかタイトルの通り、各人物の「戦う理由」の再確認って感じでしたか。
1~3話とハイスピードで進んだだけに、一歩立ち止まって整理してくれるのはありがたいですね。

今回で印象的だったセリフは、イヤミっぽい新キャラのお方。
「今のソレスタルビーイングは、私情で動いていると私は推測します」
言われて、ちょっとなるほど!って思ってしまいました。
1stでは、戦争発生→武力介入という、テンプレとも言うべき行動理念があったわけですが、
2ndで各キャラの動きが読めないのは、私情で動いてが故に、だったんですね。
まさかこんなキャラに改めて気付かされるとは(苦笑

(※追記:画像の修正完了・・・かな?
とはいえ、同名ファイルだったら警告してくれればいいのに。勝手に上書きはつらい)

(以下に続く)


幼き日のマリー&アレルヤ

アバンは、アレルヤとマリーことピーリスさんについてのお話。
脳量子波の干渉自体は、アレルヤが1st時に施設を攻撃した際
多数の子供達と思われる思念の影響を受けていたので、
超兵同士なら少なからず通じるものがある、と言うのは周知のこと。
で、その中でもアレルヤとピーリスさんはかなり影響が強かった、と。
今回の様子だと、マリーが元々の主人格のようなのだが、今は消されてしまったのだろうか?
フラッシュバックが起こったりしているので、記憶が戻るフラグは立っているようだが。
マリーの奪還、これが当面アレルヤの戦う理由となるわけですね。


泣き顔がカワイスグル

そして、次回予告の時点でやっちまった感が漂っていたロックオンですが、
スマン、色々と誤解していた(苦笑)

>素性、本質とも旧ロックオンとは違う、と一旦彼の存在を落とす展開な気がします。

「比較されたらたまらんだろ」
まぁやり方に多少問題はあるものの、思っていた以上に色々と考えての行動でした。
とは言っても、フェルトファンを敵に回した事には違いないでしょうね。

あとは、前回色々とあーだこーだと言っていた、ライルの素性について。
シミュレータ訓練での命中率を聞いて、
「兄さんのようにはいかないなぁ~」
って独り言を言うくらいなので、これは特別な力を温存していると言うわけではなさそうですね。
つまり、普通の兄弟である、と。少々邪推をしすぎたみたいです。
ただ、命中率78%ってものすごく高いような気もするんだが・・・


いい夫婦

「刹那、私と一緒に来ない?アザディスタンに」
なんと言う口説き文句。
これで落ちない刹那は、本当の意味でガンダム馬鹿ですねぇ。
ってのは冗談だとしても、戦闘中にマリナの言葉を思い出して躊躇するくらい、
実は気になっているようです。

気になっているのは、2ndに入って刹那は「神」と言う言葉を口にしていないと言うこと。
刹那にとっての神は、ガンダムと言う存在であると同時に、
故国、そしてアザディスタンとも関わりがあると考えています。
以前のままの、神について悩んでいた時の刹那ならば、
今回の申し出を受けアザディスタンに神を確かめに行く、と決断したかもしれません。
だが、神について触れない今の刹那が気になっているのは、
アザディスタンではなく、マリナの存在そのものなのかもしれません。
(とまぁ、こんなことを書いた次週あたりに、「神」とか言っちゃいそうですが)

あとマリナを取り巻く状況としては、
アザディスタンに戻ったとしても、どう国を立て直すのかというビジョンがない以上
なかなか厳しいものがあるんじゃないでしょうか。
まさか連邦にも加盟しない、中立国家となっているとは。
今回カタロン経由で、元側近のシーリンと再会しましたが、
果たしてマリナさんは今後どこへ行く?
さすがに一国を預かる身の上なので、沙慈くん同様トレミーに同行とはいかないと思いますが。
ちなみに自分の中ではシーリン株が急上昇してます。
マリナの事も、国のことも本気で憂いていたんですね。マリナ派として賛同するばかりです。


みんな目が死んでる~♪

>今回、刹那によってソレスタルビーイングの戦術予報士だと明かされてしまった為、
>もしかすると教授を殺したトリニティの攻撃すら、彼女の作戦と思うかもしれない。
>(実際今の軍に、トリニティとソレスタルビーイングが敵対していたと言う事実が知れているのかどうか)

なんと言うか、暗い話題だけ丸当りであんまり喜べないですね。
トリニティについてどう思ってるかは分からないですが、可愛さ余って~の典型になりそうで、、、
今回、スメラギさんの口から自身の戦う目的が、過去の失敗を払拭するためだと語られましたが、
結局その失敗については明言されませんでした。
コレは恐らく、その失敗の事情を知っているであろうカタギリに
傷口をえぐられるフラグが立ったような気がしますね。
スメラギさんに明るい話題はないものだろうか。

>もう一点気になるのは、指令と呼ばれているカタギリと言う人物。
>さすがに同名で出したからには、血縁なりなんらかの関係があると思うのだが、

父親ではなくおじさんでしたが、やはり血縁ありでした。
しかし目が死んでる。
同じ復讐を語るにしても、グラハムさんとのこの恨みの質の違いは何だろうねw
裏切ったとは言っても、半分は自分から情報を流したことなんですが、カタギリさん。


Mr.ブシドーと言っても、ゾロのことではない

突っ込むまい、と思っていたんですが、
EDのスタッフロールをみて諦めました。
「ミスター・ブシドー」
名前、それですかwwwww

元々、数々の名言クリエイターとしてグラハムさんの大ファンでしたけど
2ndでのこの扱いはフォローできません。
"手合わせを拒まれたか・・・"とか、セリフまで武士っぽくなっちゃってw
普段着だけじゃなく、MS、果てはヘルメットまで武者っぽいとか、
ネタが徹底しすぎてどこから突っ込むべきなのか、ホント困ります。
せめてシリアスなシーンで笑ってしまわないように気をつけます。


●次回予告
聖母様
アロウズの無慈悲なまでの攻撃に
翻弄されるマイスター
そして刹那は
紅蓮の炎の中で
劇的を味わう
次回「故国燃ゆ」
その再開は劇薬か


気になるカットは二つ。
炎上する街を見下ろす、ピーリス中尉と思われる機体。
もう一つはバギーのような車で砂漠を走る沙慈くん。
4話で船の修理を手伝わされていたように、雑用でも頼まれてしまったのか。
が、気になるのはその後のカット。
制服姿のスミルノフ中佐と、多分沙慈くんと思われる後ろ姿の人物が会話をしている。。。
これ、ほんとに沙慈くんだったらどういうフラグなんだ?
見間違えだったら笑うしかないんだけど、全然検討がつかないなぁ

ちなみに予告で言う"再開"ってのは、アリー・アル・サーシェスだろうか?


機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ
(2008/10/16)
PlayStation2

商品詳細を見る

2008/10/27 23:08|機動戦士ガンダム00TB:2CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
消えたプリンセス ガンダム00第4話ですか?
 主題歌はOPもEDもいいんじゃないかな?まぁジンでも「いいよいいよ」って言っちゃう人間なんでアテにはなりませんが。  個人的に最悪...
【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 2008/10/28(火) 01:30

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第4話「戦う理由」
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第4話を見ました。第4話 戦う理由『誰か…誰か…聞こえる?誰か…』「頭の中に声が響く…」『此処よ、あたしは此処にいる』「此処…」『誰か私の声を…』「君が僕に言ってるの?」「あたしの声聞こえるの?どこ?どこにいるの?」少女・...
MAGI☆の日記 2008/10/28(火) 11:59

トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/257-3977d4d9

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。