日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

あぁ、、展開速すぎて見るのがもったいないんですが、どうすれば。
しかし日5枠と言うのは、非常に困ったものだ。
日曜日に外出できないじゃないか。。。

『切り捨てると言う発想だけでは、ブリタニアには勝てない』

間違っているぞ、卜部


このセリフは、R2がルルーシュの勝利で終わるフラグと見た!

1期では、味方を使えないゲリラと評したり、自作自演を行ったりと、
本質的なところでの信頼関係と言うのがほぼ皆無だったので、
これはいつかしっぺ返しを食らうのでは・・・と思っていたら、物語はBAD ENDで終結。

だが、基本的に敗戦から自棄にならずに学習できるのがルルーシュの強みでもあるので、
それが今回、いよいよ戦術的な話ではなく、信頼の醸成に繋がるのであれば・・・。
前述の通りブリタニアへの勝利フラグになるのかもしれないなぁ。
(※ただこれはブリタニアへ勝利であって、ルルーシュがHAPPY ENDになるかと言うと・・・
 それはまた別の話)



(以下に続く)



今回は1話の感想で予想した話について、本編で速攻回答をしてくれたので(苦笑
前話の感想を引用しつつ検討します。
つーか、この展開スピード。いつになったらMAXスピードが補足出来るんだろうか。

ちなみに第2話の構成も、どこか1期の2話を踏襲してる節があって、
相変わらず1期から見てる人にはニヤニヤシーンが多くて困ります。
ニヤニヤしてたらいきなりシリアスになったりとか・・・顔の表情が追いつかねーよヽ(`Д´)ノ


●OP/ED Part2
前回は、オレンジレンジの歌について感想を多めに書いたので、今回は絵的な面から今後を検証。

まずはOPについて。
・C.C.のコスチュームチェンジ
うん、C.C.は黒い衣装はかなり似合うと思ったな。これはナイスな選択だと言わせて頂きたい。
早く本編中で見たいものだ。

・皇帝-V.V.-スザク
ルルーシュにとっての天敵3人衆が揃い踏み。
んーこれを見る限り、1期のようなダブル主人公的な書き方はないような気がする。
以前から「皇帝=敵」として認識しているだけに、もうスザクも敵としか見えないな。
しまいにはV.V.だからね。。。
ただ1期では、スザクもギアス関係者?(C.C.のような残像が見えたシーン)って場面があったりするので、
まさかスザクも・・・とかふと思ったりもしたけど、これについては全否定しておく。
正直スザクがギアスを持つような展開はあまり見たくないので。

・ルルーシュの日常風景
ロロについては、2話で豪快にバラしちゃった訳だが、
皇帝の言を信用するならば(疑わしいが)、ルル=ゼロは知らないようなので、
ルルーシュの話の持って行き方次第では、仮面兄弟が続くのかもしれない。
そういう意味では、仮面親友を続けたスザクの元ポジションってことなのかな。
(※ロロについては別枠で記載)

・第7世代型ナイトメア
時代は空中戦なんですね。
恐らくラウンズが乗るであろう新型は、みんな空を飛んでますからねw
挙句、紅蓮弐式までもフライトユニット搭載してますし。(まぁカレンの為ならしょうがない)
個人的には、地上でのローラーアクションが好きだったりするので、極力地上戦を希望!
紅蓮なんて思いっきり局地戦仕様な機体だしね!
あとは、新型はランスロットの系譜だからなのか、多少ガ○ダムちっくな感じがするかな(苦笑
しかし敵は新型ばっかりとか、カレンと藤堂にかかる負担がでかそうで心配だ・・・

・中華な方々
今のところ、ゼロをだしにブリタニアに攻勢をかけよう、って感じなんだろうか。
向こうの国勢が知れないと、ちょっと予測が立てずらい。

・オレンジな人
まぁ誰も死んだとは思ってないけどさw 一人だけカッコよく演出されすぎじゃないのwww

・ロロ&金色ランスロット(名前不明?)
ある意味で予想に順当だった組み合わせ。
しかしまさかこ奴が超常現象の使い手だっとは・・・
てか分からないことが多すぎです。

・黒のキング(チェス的な意味で
ここはまさしく1期を踏襲していますね。
1期のラストは、倒れた黒のキングで終わっていて、よくルルーシュを暗示したものだと予想していた訳です。
そして今回は、空に放り上げられた黒のキング。向きは下向き。
んんー、上述で勝利フラグだなんだと書いたわりに、あんまりよさげな演出ではないんですよね。
せいぜい、これまでは人同士の戦争(チェスが地に着いている)で、
これからは人と神(ギアス的な意味で)との戦争(チェスが空にある)ってくらいしか考え付きません。
ただ、ルルーシュ個人があまりいいことにならない様な気がするのは変わらないかな・・・。


そしてEDについて。こちらは一択で。
・皆を縛る鎖
これは純粋に、皆の境遇を縛る足かせとして演出してるのかと思っていたんだけど・・・、
鎖に縛られていないキャラが2名いるんですね。
それがナナリーとユーフェミア
こ、これは・・・。
素直に何者にも縛られない人間性、とも取れるんですが、
穿った見方をすると、生の鎖から解き放たれる、死亡フラグとも取れなくもない(、のかな?)
まぁ妄想乙、ってことで勘弁w


●1期最終回、その後・・・
屈辱

確かに冷静に考えれば、多少は予想できたかもしれないが・・・。
あのギアス能力は予想外だった。
これまでの考察全てが覆る能力じゃないか!

考えうる流れとしては、ルルーシュが存命で記憶喪失と言う点と、
スザクが帝国最強のナイツオブラウンドに加入してる2点から、
ゼロ逮捕の功績としてラウンズに昇格、と言うのが辛うじて予測出来たかもしれない。
(自分は無理でしたが・・・)
ただ、ルルーシュの記憶が無くなっている事と、カレンが健在だったことから、
V.V.がリセット的なことでもしたのでは?と考察を丸投げしちゃってましたね(苦笑

>やはり超常現象的な事は起こったようですね。
1話を見た後の自分も↑こんなこと言ってるしね。

しかし、まさか一気に皇帝前まで引きずり出されていたとはね・・・。
こりゃ、1期の最終回はあそこで終わるしかないはずですよ。
後5分尺が長かったら、超絶BAD ENDになっていた訳ですから。


ギアス・・・

記憶を書き換える
ゼロであること
マリアンヌのこと
ナナリーのこと
全てを忘れただ人となるがよい

シャルル・ジ・ブリタニアが刻む
新たなる偽りの記憶を


この能力はヤバイ。
ある種ルルーシュのギアスと全く同等の能力と言えるのかも。
どちらもギアスを掛けられた相手の尊厳等を全く無視した力ですからね。
でも、自分がどうなってしまうのかを理解した上で掛けられるギアスは、
これ以上怖いものはないな。
ルルーシュの必死に抗おうとする姿に対して、
冷静に左目を塞ぎ、右目をこじ開けようとするスザクに殺意がw(#^ω^)ピキピキ
えぇ、完全にルルーシュ派ですw スザク派の方々ゴメンナサイ

こうなってくると気になるのは、皇帝にとってのルルーシュの利用価値ですね。
殺さずに記憶を飛ばして放置するわけなので、何か思惑があるに違いないんですが。
その思惑が、もしC.C.の捕縛だけだったらまだいいのですが、
ロロを監視役に付けて、何かルルーシュに事を起こさせようとしているのであれば、
ずっと皇帝の掌の上ってことに・・・。
ヤバイ、この流れが一番マズイ気がする。

あとはようやく神殿みたいなものの情報がちょろっと出てきましたね。
・神を滅ぼす為の武器
・アーカーシャの剣

んー、さすがにこれだけじゃぁ分からないな。
現時点ではこんな名前のものだ、くらいに記憶に留めておきます。


●ロロとは?
>一瞬何が起こったか分からない内に、カレンの手を離れルルーシュがロロに連れて行かれた場面。
>ペンダント?みたいのがチラッと見えたけど催眠術?
>結構短時間な場面だったので、個人的にはギアス使いって気がするんだけどな・・・。

ヽ( ´ー`)丿イェイ!
唯一予想らしい予想が合たっていたとこですね。
金色ランスロットのパイロットってのは、OP時点でのバレなのでOKなんですが、
やはりギアス使いだったか。
第2話にしてギアスの使い手が一気に2人も増えたりと、なかなか大盤振る舞いだった訳ですが、
能力者バトル的には、3人で打ち止めが望ましいね。
あんまり増えると別作品になっちゃいますから。

で、肝心の能力ですが・・・、
作品中では「消えた!」とか「瞬間移動!」なんて言われてますけど、
恐らくは「一瞬だけ時を止める」能力じゃないかと妄想してます。
ルルーシュも言ってましたが、生身だけじゃなくナイトメアごと瞬間移動するなんて
物理法則無視もいいとこですからね。
それに相手の目を見ると言う条件もないことから、相手をどうこうする能力ではなく、
自身に何か力を発揮するタイプのギアスと見ましたが、さて・・・。
まぁもし仮にこれが当たってたら、もう承太郎でも連れてこないと無理って感じですよねw(DIO的な意味で

物理現象!?

「戦略が戦術に潰されてたまるものか!!」
せっかくランスロット対策は色々と練ったのに、ルルーシュの胃に穴が開かないか心配です。


あと注目すべき点は、ルルーシュ=ゼロだと承知の上で監視していたのか?と言う点。
2話のラストで、ゼロの身内かと問われた際に、
「どうなんでしょうね?」
と言っているのがなんとも悩ましい。
この言い回しだとやっぱり知ってる風だよなぁ。

予想としては、ギアスで記憶封印後に監視役と配置され、
もしルルーシュの記憶が戻るようならば始末する、とか。
んー、でも辻褄が合わないですね。
そもそもギアスが破られるかもしれない、と言う前提が間違ってるのかも。
あくまで絶対遵守の力だしなー。
それに皇帝はゼロの正体を知っているのは、自分とスザクだけとも言ってたから、
もしかすると別勢力がいるんじゃないだろうか?

C.C.だって帝国が研究材料にしてたくらいだから、
人工的なギアス能力者の作成とかは考えてそう。
とするとロロは被検体ってことか。
むぅー、さっぱり分からん。これまた妄想乙!ってことで今後のネタバレに期待しますw


●卜部・・・
>四聖剣で一番影が薄いとか思っててゴメンなさい。
>今後の活躍にも期待したい!


・゚・(つД`)・゚・あぁ・・・
いらない死亡フラグ立ててしまってゴメン。

四聖剣は虚言に非ず

「ゼロを頼む!彼だけが残された希望だ!!」

しかしカレンに託した最後のセリフはカッコよかった!
でも、これで四聖剣がもう揃う事はないんだよな。。。
彼らの姿勢は騎士団の中でも『義』に長けた面を見せてくれていたので、
かなり周りにいい影響を与えていたと思うんだ。
隊長!と呼ばれる姿もサマになってしな。

最後は仲間の大切さを説いたゼロを守った訳なので、本望だったと思いたい。
あー、でも藤堂さんとは合流させてやりたかったな!合掌(-人-)


●合衆国日本 ReProduce
電光石火って奴ですね。
復活早々に建国再宣言とか、兵は神速を尊ぶを地で行く流れはさすがです。
そしてここでようやく絡んでくる中華連邦の面々。

確かに1期の頃から、C.C.が中華連邦に交渉に行こうとしたり、
ブリタニアと良好な関係ではなさそうな気配はあったけど、
こちらも治外法権を有効に使いつつ、一気に来ましたね~。
ただ、あの面子を見る限り、絶対敵対することにはなると思うのでw
名前だけは覚えておこう。
・黎星刻(リー・シンクー):グリリバ
・高亥(ガオ・ハイ):麻呂っぽい人

(@はてな より抜粋)

とりあえずディートハルトが嬉しそうだったので満足したw


●今週の紅月カレン
da 変態

1期からカレンスキーを公言していた自分としては、
ようやく待ち望んでいた展開になったはいいものの、
喜びすぎて色々と文面が混乱しています。ご了承下さい。

カレン:でも私が信じるのはゼロよ。
  :ルルーシュ、あんたなんかじゃない。
ルル:あぁそれでいい。

ルル:ところで、いつまでその格好でいるつもりだ。
カレン:み、見ないでよ、変態!
ルル:ゼロに向かってその言い方は
カレン:今のはルルーシュに言ったのよ。
ルル:はいはい



⊂⌒~⊃。Д。)⊃ピクピク

1期のラストで、学園仲間に素性をバラしてしまったが為に、
制服をまとった病弱カレンがもう見れないと絶望した日々…。
忠犬カレンも大好きだけど、二面性って大事だよな~と思っていたと言うのに、、、

なんだこのご褒美は!!!!

卜部無き今、味方でゼロ=ルルーシュと知っているのはC.C.とカレンだけと言うこの状況。
そしてルルーシュにはツン、ゼロにデレとか。何と言う、何と言う。。。

限界に挑戦


そして心配していた日5での規制もなんのその。
もう学園に戻れないカレンは、今後お着替えキャラで行くんですかねぇ。楽しみですねぇ。
とりあえず、↑のやり取りの場面、もっかいリピートしてくる。


●未登場の人達(出揃うまで記載予定)
ディートハルト:WANTED!! 中華連邦に潜伏中。ゼロ復活に大歓喜。
ラクシャータ :WANTED!! 同様に中華連邦に潜伏中。フライトユニットの開発中?
仙波      :四聖剣の爺様担当。OPにもいない。死亡?
朝比奈    :四聖剣の眼鏡担当。OPにはいる。これまた逃亡中?
神楽耶    :キョウトの盟主。登場したが潜伏場所は不明。ゼロへの加担がバレているのかは謎。
桐原      :キョウトの盟主。登場するかも謎。
シュナイゼル:皇帝の口から名前だけ登場。スザクに一足飛びで抜かれた可哀想な人。白い?
コーネリア  :ギルフォードの口から名前だけ登場。その威光と共に健在の様子。
ロイド     :伯爵様。量産型?ランスロットの開発に関係している?
セシル    :特派の隠れボス。ロイドさん同様、配属は不明。
ニーナ    :髪型ががっつり変更。学校ではなく技術者になった模様。怨み顔全開。
咲世子    :ディートハルト、ラクシャータと共に中華連邦に潜伏中。画面にいるのにセリフがない流れは健在。


●次回予告「囚われ の 学園」
ナナリーを探し出し
守り切る為には力が必要だ
皇帝やスザクよりも強い力が
手に入れてみせる
その為にもまずはあいつを
偽りの弟
ロロ


次回予告


ルルーシュの住まいは、以前と変わらずアッシュフォード家のようですね。
そしてロロを探る為に、ゼロではなくルルーシュと言う名の仮面をかぶり接触する、と。
しかしあのペンダントは何かあるな・・・。

ひとまずは、ロロが険しい顔で電話をしていた相手、
即ちロロの上にいる人物が誰か分かれば、
自ずとその目的も分かると思うんですけどね。。。

ちなみにタイトルにある「囚われ」って言うのは誰を指しているのだろうか?
1.学園全員を人質扱い
2.ロロの作戦により、ルルーシュの行動を封鎖
3.ルルーシュの作戦により、ロロの行動を封鎖
4.その他
しばらくはルルーシュの攻勢が続くような気がするので、個人的には3を予想。

恐らく引っ張ることなく、来週に回答を見せてくれるはず!
それではまた次週。


コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)
(2008/08/22)
福山 潤、水島大宙 他

商品詳細を見る

2008/04/14 21:41|コードギアス 反逆のルルーシュTB:3CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
コードギアス 反逆のルルーシュR2/感想&トラックバックセンター/TURN2「日本独立計画」
 『コードギアスR2』第2話「日本独立計画」の感想&トラックバックセンター記事です。  前回第1話「魔神が目覚める日」の感想&トラックバックセンター記事では、3600PV/WEEK超えのご好評を頂いてありがとうございました。前シリーズでの運営経験を生かして、TBセン....
ランゲージダイアリー 2008/04/14(月) 21:59

コードギアス 反逆のルルーシュ R2  第2話 「日本 独立 計画」
だいぶ謎解きがされた2話でした。 ルルーシュの偽りの記憶について語られましたね。 スザクに苦汁を飲まされブリタニア皇帝に記憶を変えら...
のらりんクロッキーF 2008/04/15(火) 12:13

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第2話 「日本独立計画」
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc) ルルーシュはすべてを思い出した。自分が何者であったのか。なぜ記憶を失っていたのかを。彼は怒りと復讐に燃え、ブリタニア軍を倒す奇策を実行に移す・・・。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008/04/15(火) 22:09

トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/223-41439b88

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。