日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ブログを書いてて、ようやく12月になったことを実感。
この歳になると、なんか一年過ぎ去るのが早過ぎますね。
特に仕事が忙しい時の月日の流れと言ったら・・・。

20071202

と言うことで今週の散財たちです。
仕事で一年たつのはあっという間なのに、漫画の発売を待つ1年間の長いこと長いこと。
今週の3冊はどれも発売間隔の長いのばっかりですね。
リアルの次巻予告「2008年秋」ってw
思わず今年が何年だったか考えてしまいましたよ。

(以下に続く)




●PLUTO -浦沢直樹×手塚治虫-
久方ぶりに浦沢先生の漫画を購入です。
ちょっと前に「20(21)世紀少年」の方が完結してるんですが、実は購入してないんですよね。
なんだか後半の失速感が浦沢先生っぽくないなぁ、と二の足を踏んでいるわけです。

でもこっちのPLUTOは変わらず面白いです!
今巻での犠牲者はヘラクレスでしたが、手塚原作でもこのエピソードは好きだったんですよ。
ヘラクレスとエプシロンが対照的と言うか何と言うか。
記憶ではエプシロンの最期は、子供を助けている所をプルートゥに・・・って感じだと思いましたが、
今後の彼がどうなってしまうのかが心配です。

そしてもうひとつ対照的に描かれていたのが、ゲジヒトと天馬博士
ロボットが憎しみを持ってしまったことを思い悩むゲジヒトと、
アトム復活のためには、ゲジヒトが悩んでいるような偏った感情を注入すべきと主張する博士。
ロボットと感情と言う相容れない二つが今後の焦点になりそうです。

次巻はいよいよ、ゲジヒトvsプルートゥが見られるのかも!
予告のカットがカッコよすぎて鳥肌立った!


●バガボンド&リアル -井上雄彦-
バガボンドに関しては、前巻から続いて殺陣、殺陣、殺陣の連続。
もはや武蔵じゃなくとも凶器が感じられる展開がスゴかったです。
植田の最期の命の灯火が、水墨画タッチで描かれていたのがかなり印象的ですね。

これで完全に吉岡道場は壊滅・・・。
武蔵も怪我などかなり無事では済んでいない状況ですが、
この後は小次郎との対決へ一本道になるんでしょうか?
私は原作を知らないので、吉岡、柳生のような相手が出てくるのか知らないもので。

そして今週の中で一番面白かったのはリアル
やっぱりスラムダンク全盛時代にバスケット生活を送っていた自分だけに、
話の本線がバスケになると楽しくてしょうがないです。
リアルはバスケを通じた人間関係も話の本線ですけど、どちらも楽しめるのはやっぱり井上先生ならでわですかね。

ただこの作品の欠点は、読むとバスケがしたくなるってこと・・・。
社会人になってしまうと、ふと「バスケがしたいな~」と思っても場所も人も無いですからね。
以下に学生時代の環境が恵まれていたのかと。。(涙


リアル 7 (7) (ヤングジャンプコミックス)リアル 7 (7) (ヤングジャンプコミックス)
(2007/11/29)
井上 雄彦

商品詳細を見る

2007/12/02 20:05|散財TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/184-54b79a45

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。