日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

いきなりの感想復活です。まぁたまにはいいですよね(苦笑

開始早々の吉成爆発でテンションが上がる上がるw
さすが第3部の完結だけあって、力がメチャクチャ入っていましたね。

アイキャッチ

しかも今回は本編だけではなく、CMにもやられました。
天元突破グレンラガン BEST SOUND kita-
作画と並んで、グレンラガンの熱さを牽引するBGM集が遂に発売ですか!
タイムスケジュール的には最終回放映直後に発売と言うことで、若干作為的感じがしますね。
最終回のみで使われるBGMを収録済み、とか大いにありえそう。
個人的には、迷うことなく買い決定ですが何か。
(以下、続く~)





ロボinロボ口上
グレンラガン、天元突破しすぎでワラタw
もうね、ロボがロボに乗るなwと。

前回に続いてヴィラルとの口上から始まったわけですが、シモンはやっぱり主役なんだなぁと実感しました(涙
あんなに鬱屈した少年時代を見てきただけに、凄まじいまでのポジティブシンキングっぷりは、見ててホントに清々しいです。
「0じゃなければ、俺にとっては100%と同じ」ってカッコよすぎなんですけどw
なんか応援したくなるのは、彼の人柄でしょうね。

アークグレンラガンカテドラルテラ

ストーリーとしては恐らくこれまでにないくらい「なんでもあり」な展開ではあったけど、
そこが許せてしまうのが、グレンラガンがこれまで築いてきた土壌のおかげなのかなー、と思いました。
「月がガンメンだった!」って展開まではなんとか想像の範囲内だったけど、さすがに戦艦に変形した時には、牛乳フイタ∵ゞ(≧ε≦o)ブハッ


時空裂断!

地味に伏線なのかな~と思うのが、第1話冒頭で(一応シモンの夢の姿らしいが)、
銀河中の敵に対しての「時空間ごとネジ切ってやる!」と言ってたセリフ。
これは単純に、ボコボコにしてやんぜ!って感じの延長かと思ってましたが、今回のアークグレンラガンが放った「時空烈断バーストスピニングパンチ」のことを考えると。。。
これは思いっきり次元の裂け目が見えてましたからね~。
まさか本当にグレンラガンは時空間まで自在に操れるのか?と言うのが気になります。
まぁ、勢い余って時空を引裂いちゃいましたw ってのもありですけどね。

敵の戦力をことごとく流用してきたグレン団としては、
今後ムガンのようにワープを使えるようになるって展開はあり得るのかな~?
でもまさか時間を越える、、、ってことはないですよね?
ここにきてタイムパラドックス系を持ち出すような展開は避けてほしいかなぁと思ったり。

なんでそんなところが気になるのかと言うと、
自分の中でカミナの親父がまだ微妙~に引っ掛かってるんですよね。
ロージェノムが15話で意味ありげに言ってた、

かつてお前のように戦った男がいた。その行いが人類を滅ぼすことになるとも知らずにな。

とかね、、、。まさか時間を超えたシモンだったりしないよね…とか。妄想激しすぎてスイマセヌ。
まぁ当たってほしくない妄想なんで、シモンにはこの世界でそのままラストまで突っ走って欲しいですね。


ロシウ1ロシウ2

そして第3部の話の主役、ロシウ君。
ちまたでは随分と嫌われ役になってしまったようですが、頑張っていたと思うよ。。。僕は。
何せ19、20歳くらいであの重圧ですからね。
ここで、なぜロシウが3部の主軸に据えられたのかを少々考えてみました。

シモンにとっての兄貴はカミナ。
ロシウにとっての兄貴はシモン。


つまりロシウは、カミナが生きていた場合のシモン、
と言う第2部のifを描いた話なのかなぁ
、と。
勝利の後にひっそりと身を引くロシウがつぶやいた

かなわないな・・・、結局あの人が全てを引っくり返す

と言うセリフが非常に印象的。
目標としている兄貴が目の前にいるかいないかの違い、即ち越えられない壁ってやつなんですよね。
その点を考えると、ロシウはある意味で不幸だったのかなぁ。
極論で言ってしまえば、
「あの戦いに勝てたのは、カミナさんが死んでおかげだ」
と言う以前の発言は、結局ロシウ自身に返ってくる言葉でもあったんですね。

そして気になるのは次回以降のロシウのポジション。
ポイントとなるのは、地上に残った人類は地下シェルターに避難していれば助かった、と思っていることですね。
アークグレン発進の際に置き去りにした件では追及されるかもしれませんが、視聴者が思っているよりは糾弾されないのかもしれないです。
まぁ事実を知っている視聴者の反応は真っ二つ、って感じですけど(苦笑
ただ、「それが僕の最後の義務だ」って言葉からも察するに、政府の表舞台からは退くでしょうね、、、。
自身の力不足を嘆いていたけど、今回は解決すべき問題が大きすぎただけだし、なんとかシモンの右腕として復活してほしいと願ってます。


デレニア

そして残されたのは、ニアの現在のポジション。
アンチスパイラルのメッセンジャーと化してからは、以前のニアらしさも消え、本人からも「元には戻らない」と言われていたこの状況。
これまで白ニアの人格は心の奥に押し込められ、メッセンジャーとしての人格が今の黒ニアを制御している、
即ち2重人格的なものを想像していたのだけど、どうも白黒が意識的、無意識的と言う状況で共存している感じを受けました。
ニュアンスの違いは微妙だけど、今回のことで黒ニアとも意思の疎通が図れることが分かっただけでも収穫は大きいんじゃないでしょうか。

それにしても、ツンデレ通い妻な黒ニアと言い、ニアの可愛さは異常w


予告

次回予告もついにシモンの語り口で!
第4部は名実ともにシモンが主役と言うことになりそう。
予告のチラ見では、もしかしてまた少し年月が経過したような印象。
1~2年程度かもしれないが、声を使い分ける柿原さんはスゴイね。
ストーリー的には、ラスボス撃破&ヒロイン奪還とばっちり王道に乗ったので、あとは熱いストーリーを期待して第4部を待つのみですね。

とりあえずは目先の23話、、OPってまた微妙に変わるのかな?


天元突破グレンラガン(完全新作アニメーションDVD「5.5話:俺のグレンはピッカピカ!!」同梱) 天元突破グレンラガン(完全新作アニメーションDVD「5.5話:俺のグレンはピッカピカ!!」同梱)
Nintendo DS (2007/10/25)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

2007/08/29 23:31|天元突破グレンラガンTB:2CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第22話 「それが僕の最後の義務だ」
天元突破グレンラガン 3その時、グレンラガンが現れた!!暗黒の宇宙に現れた救いの光・・・そして人々は希望を取り戻した・・・。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007/08/31(金) 01:30

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第22話「それが僕の最後の義務だ」
品質評価 24 / 萌え評価 13 / 燃え評価 49 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 11 / お色気評価 2 / 総合評価 20レビュー数 137 件 宇宙へ脱出したアークグレンを、軌道上で襲うムガンの大編隊。ギミーたちグラパール隊の奮戦もむなしく、アークグレンの損害は増大していく。ア
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007/08/31(金) 20:36

トラックバックURLはこちら
http://roukirider.blog91.fc2.com/tb.php/148-dbb5c35f

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。