日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ロロナをプロローグまでプレイ完了。

あー、ロロナが可愛すぎて困るんですが。
立ち絵とイベント絵の綺麗さがすごいです。

3Dモデリングと立ち絵のキャラ顔に若干違和感はありますが、
会話の時にナチュラルに立ち絵モードに変わるのはいいですねぇ。

しかし、ロロナ役の門脇ボイスで「師匠ー、師匠ー」と連呼されると、
どうしてもロリブルマ(Fate:イリヤ)が頭をちらついてしまうなw


そして表題の映像出力の件。
パッケージの裏には、720p、1080p対応と明記されてるんですけどね。
我が家のTVは1080pに対応しているにもかかわらず、なぜか720pで出力される。

う~ん…

1時間くらい、あーだこーだと設定を変えて試してみましたが、
やはりPS3本体側の設定を変えなきゃダメみたいですね。
(なにせ、ゲーム側のオプションに映像出力の選択と言うのは無いようなので)

どうやら、PS3の映像出力を自動検出にしているのがマズイらしい。
自分が変更したのは、↓こんな感じです。
・ディスプレイ設定→映像出力設定→カスタム→720pのチェックを外す

ようは、自動に任せると勝手に720pで出力してしまうので、
出力対象を1080pだけにしぼってしまう、と言うことですね。
これでなんとか1080pでプレイを進められそうです。

ただ、これってゲーム側のバグ、、、ですよね、恐らく。
スターオーシャン4でも解像度バグとかありましたけど、
せっかくの高解像度対応なので、きっちりテストプレイをしてほしいものですね~。
スポンサーサイト
2009/06/27 23:30|ゲームTB:0CM:0

 

忙しかった上半期もようやく終了。
6月中旬以降は、アニメこそ概ね完走は出来たけど、ゲームはさっぱりだったなぁ。

かろうじて逆転検事は一度クリアしましたが、現在最終話だけ再プレイ中です。
ふらふらの状態で徹夜プレイをしたのがまずかったかな。。。
再クリア後にぼちぼち最終話の感想でもあげなければ。

ロロナ

世間じゃ、今日からエヴァ劇場版の封切ですね。
自分は友達と来週に行く予定なので、しばらくはネタバレ防止で情報遮断をしないとなぁ。
『序』はなんだかんだTV版に沿っていたけど、
『破』は別作品の匂いがぷんぷんしますからねぇ。
来週が楽しみだ~。


●[PS3]ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術師~
かなーり久しぶりにアトリエシリーズの購入です。

マリー、エリー、リリーまではプレイ経験ありなんですが、
携帯機に主戦場を移してからは、随分とご無沙汰だった気がします。
ヘルミーナとか、あの辺も興味はあったんですが、
きっかけは久々の据え置き機での発売!
コレに尽きますね。

その据え置きハードとはPS3。
過去シリーズの経験上、そんなに高スペックを要求するゲームじゃないと思いますが、
PVなんかを見た限りじゃあ3D部分には結構力を入れてるっぽいですね。
CVも門脇舞似に喜多村英梨と、、、ツボだ。

あとはガストと言うことで、BGMには全幅の信頼をおいてます。
ぼーっとネットをしてる時なんかは、ロロナの公式HPを開いてBGMを垂れ流したりとかw
アルトネリコをプレイしたことがある人にとっては、懐かしい雰囲気を感じるかも?

ゲームとしては、戦闘シーンなどのRPG部分と、
調合パートとなるシミュレーション部分の融合がアトリエシリーズの肝ですが、
そこは変わっていないといいな。
恐らく、ゲーム内で4~5年の期間をプレイすることになるんだろうけど、
ネックなのは豊富なEDが用意されているマルチシナリオってことですね。
果たして何週プレイできるものか。

ドラクエ発売までに1週はクリアしたいけど・・・無理だろうなぁ(苦笑


ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版)ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術師~(通常版)
(2009/06/25)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

2009/06/27 18:33|散財TB:0CM:0

 

ドラクエ9の発売日がずずぃーっと近づいて来た訳ですが、
なんだかやらかしてしまった、と言う噂をチラリ。。。

・Wi-Fiでの協力プレイは不可
・ワイヤレスプレイのみ可


この仕様変更、、と言うか仕様の切り捨てっぷりはスゴイな。


日本中の色んな人とパーティが組めますよ♪
↓↓↓
家に集まって4人でパーティ組んでね♪

あうあうw
子供達はまだいいですけど、大人になるとなかなか集まれないですよね~。
まぁオンラインプレイが出来たとしても、
ネトゲ素人の自分は、ビビッてパーティに参加出来無そうですけど(苦笑


これは、前回延期時の大バグが改善されなかったんだろうなぁ。
そのバグもネットワーク関係の問題って聞こえてきていたし、
未解決のままばっさり切り捨てた、ってのがやっぱり真なのかも。

発売までに、ここまで明るいニュースの少ないドラクエも初めてじゃなかろうか…。
期待しているんだけどなぁ。
2009/06/18 00:09|日記TB:0CM:2

 

先週に給付金買いした書籍がようやく到着です。
いや、それにしても大量だ(苦笑

大漁じゃぁぁぁあぁぁ!!!1111

以前、手足骨折で入院した際には、1ヵ月半で50冊って買い方をしたこともありますが、
一回の購入で考えると最高記録かな?
30冊強もあるので、とりあえずは7月末までの予定は埋まったってことで。


●バッカーノ![成田良悟]
アニメは未視聴。
ただOPだけは見たことがあります。何だあのセンスのイイOPは!
OP曲にインストゥルメンタルを使用するのは結構好きなので、
どんな作品かは知らずとも、OPだけリピートしまくっていたのはいい思い出。

今回はバッカーノを最初に手に取ったこともあり、現在は第1巻の半分くらいまで読んでます。
が、すごいテンポのいい作品ですね。
コロコロと場面が変わることもあって、一見すると話を追うのが大変そうにも見えますが、
その変わっていく場面に従って、色んなキャラクターの目線に変わっていくのが肝ですね。
すごいいい味を出してるなぁと思います。

この作品は一気に読めそうな気がします。
雰囲気とかが非常に好みなのもポイント高し!


●鋼殻のレギオス[雨木シュウスケ]
実はアニメから先に視聴中。
現在は23話までなので、もうアニメも終盤ですね。
ただこの作品は、アニメだけ見ていてもどうにも分からない点がいくつかあったので、
その辺のフォローに期待しつつ読んでいこうかなぁ、と。

そして、自分好みの俺TSUEEEEEEEE!!!!作品なのもキーですね。
普段は実力を隠しつつ、本気を出すと誰よりもTSUEEEEE!!!な展開。
ラノベをアニメ化すると、どうしても心理描写が少なくなりがちなので、
主人公の2面性を活字でしっかり読み解ける流れに期待しています。

まずはバッカーノ!に着手したので、こちらはアニメの最終回を迎えてから読んでいこうかな。
アニメでは何巻分まで進んでいるんだろうか?


●生徒会シリーズ 碧陽学園生徒会議事録[葵せきな]
どうやらアニメ化されるらしいです。時期とかは不明ですが。
で、肝心のストーリーとかも一切知らずに買ってしまいました。

ドタバタなのか、学園ラブコメなのか、SFなのか…?
ここまで何の本だかも知らずに買うのも珍しいんですけどね。
オススメラノベを聞いて回ったら、以外にこの作品を推されたもので購入に至ったわけです。

順番的には、バッカーノ→レギオスの次って感じになりそう。
ん~、読む順序に困るとか久々に贅沢をしている気がするなぁw
2009/06/17 23:51|散財TB:0CM:0

 

ショッキングな出来事過ぎて、ちょっと思考停止中です…。
考えが上手くまとまらない。

三沢さん、なにしてるんですか。。。(涙


▽続きを読む▽
2009/06/14 05:25|日記TB:0CM:0

 

超時空七夕ソニックのチケットが

キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!!!!

20090613_1

昨日、しばらく本は買わなくていいと言っていた割りに、
今週の散財はほとんど本ばっかりです。
まぁ大半は漫画なのでノーカウントでしょうけどね。

(以下に続く)

▽続きを読む▽
2009/06/13 18:19|散財TB:0CM:0

 

最近は、通勤時間以外にも自宅で本を読む時間が多くなったり(理由=雨)、
意図的な『積み本』消化作戦が功を奏したのか、
想像よりもかなり早く、積み本を全て消化してしまいました。
うーん、新しく読む本が無い。

そんな時にふと傍らにある通帳・・・
そして振り込まれたるは、定額給付金!

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
使ってしまおうか・・・(ボソッ

と言うことで、悪魔のささやきに負け、久方ぶりに書籍の大人買いを実行です。


定額給付金は\12,000。
これだけあれば何冊でも買えるぜー、
ってことで、せっせとAmazonのカートに本を突っ込んでいく自分。

今回、突貫したのは以前から気になっていた3シリーズをチョイス。
・バッカーノ!(面白くないはずが無い)
・鋼殻のレギオス(円環少女の絵師である深遊先生の絵買い)
・碧陽学園生徒会議事録シリーズ(面白いと聞いたので)

上から順に、14冊、13冊、6冊の30冊オーバー。
こりゃやべぇ、、、
総額も2まn(ry

気付いた時には定額給付金の額なんてとうに超えていた訳ですがw
まぁいずれ買うはずの本だったと思えば、どうと言う事もないですね。
(ただの開き直りですけど(涙 )

これで書蓄的にも7月いっぱいは持つだろうし、
しばらくは本を買わなくて良さそうです。
同時に、引きこもり時間も増えそうですが・・・
2009/06/12 22:16|日記TB:0CM:0

 

ゲームを買っては積み、
DVDを買っては積み、
本を買っては詰む。

この状況は良くない。非常に良くない。
と言うことで、最近は意識的に積み本の消化に励んでいます。
まぁ3種の中で、一番短時間で消化できるのが"本"ってだけなんですけどね。


最近、全巻読了したのは「円環少女」と「アスラクライン」
合計21冊。

円環少女はマジでツボですね。
非常に好きなストーリーです。魔法も大好き。
巻の序盤こそ、この作者独特の書きっぷり(1ページが文字で真っ黒)に戸惑いましたが、
キャラが立ってきてからはストーリーにのめり込んでます。
主人公である武原仁のブレっぷりも見所の一つでしょうけど、
一々変態だらけな魔法体系も楽しみでしょうがありません。

そして数多のチートキャラも、魔法系小説の醍醐味ですね。
最近のお気に入りは、九位(ノーヴェ)。
最高位魔導師と言いながらも、メカっぽく小物臭が漂う感じがいいですね~。

次巻でいよいよ二桁突入!
『円環少女10 運命の螺旋』は7月1日発売予定、と。


そしてアニメも放送中のアスラクライン。
一応、BSでやってるのを録画をしてますし、ちらちら見ています。
ある意味キャラデザは原作に忠実ですよね。。。
ちょっとデッサンの狂ったような輪郭とか、色々と。

肝心の小説の方ですが、途中から劇的に面白くなりますね、この作品。
でもその「途中から」と言うのが、第10巻と言うスロースターターっぷりがちょっと(苦笑
過去9冊をかけて散りばめてきた伏線を、10巻以降で大回収って感じなんですけど、
うーん、やはりそこまでが長いw
10巻まで長く続いた世界感が引っくり返るからこそ、そこにカタルシスが生まれる
とも言えますが、私にとっては大変でしたね。

主人公の性格が、典型的なモテ体質&鈍感と言うベタ設定であったり、
ヒロインの影が色んな意味で薄い、とか色々と言いたい事もありますが、
最新の12巻まで読んでしまうと、「面白い・・・」と思ってしまうんですね、これが。

作者がシリーズ開始前の段階で、かなり細かなプロットを考えていたが故の
『綿密な伏線小説』という言い方が正しいのかもしれません。
途中まではどうなるかなぁと思いましたが、
結局は円環同様、続きが非常に楽しみな作品がまた一つ増えてしまいました。
ん~、嬉しい限りだ。
2009/06/12 19:16|小説TB:0CM:0

 

逆転検事も面白いけど、こっちも楽しいなぁ。
と言うことで、たまの感想タイム。


逆転検事のプレイスタイルが"スローペース"だとしたら、
とらドラ!Pは、"超々スローペース"くらいのまったり具合ですね。
なんと言うか遊んでる感じが、ゲームをしてるって言うよりも、
アニメを見てるのとほとんど変わらない感じです。

晩ご飯時の一時間を、オートプレイモードにしながら鑑賞している毎日
そりゃあサクサク進まないですよね~。

今のところ、EDらしきものに到達したのは二つで、
・亜美エンド(多分BADEND)
・ゆりちゃんエンド(HAPPY?)

こんな感じ。

もしかして、このゲームは攻略サイトとかを見ないと結構難しい類なんだろうか?
ストーリー分岐で行きたい方を選ぶには、ゲーム中で取得したアイテムが必要。
で、そのアイテムがなかなか集まらないのが現在の悩みの種なわけです。
別にセーブ・ロードプレイを禁止している訳じゃないんですが、
なんとなく、オートモードでの手放しプレイが気に入ってしまったからなぁ。

まぁ気長にのんびりプレイするのが良さそうだ。
当面のターゲットは亜美!
でもアニメ同様、なんだか難易度が高そうだけどw


とらドラ・ポータブル!(通常版)とらドラ・ポータブル!(通常版)
(2009/04/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

2009/06/11 07:01|ゲームTB:1CM:0

 

かなり想像を覆された第4話「過ぎ去りし逆転」ですが、
これはヤクイ!
率直に、これまでの3つのシナリオを含めて一番面白かったです。
3話を終えたあとに、ノンストップでクリアしてしまいましたからね。

それにしても、やっぱり本線のシナリオには力が入ってますね。
同じ人が脚本を書いたのかな?と思うくらい、
コレまでの悪かった要素が改善されていた気がします。


・個人的によかった事 その①
まさかのロリ(?)冥ちゃんの登場!
御剣の過去編なので、年齢的にまず登場しないだろうと思っていたら…。
4話中出ずっぱりじゃないかw
例のアイテムも、いつもの長い鞭と違って教鞭のようなものをしっかり持っているし、
何よりデザインが可愛すぎる。
普通の立ち絵もいいが、パートナー表示の所のミニウィンドウの絵が好きだな~。


・その②
4話から登場したキャラのキャラ立ちが素晴らしい。

・葛(かずら)氷見子弁護士
・馬堂(ばどう)一徹刑事


恐らく5話にもメインとして登場するであろう二人がかなり気に入りました。
カズラは気に入ったキャラだっただけに、犯人だと気付いた時には複雑でしたね(苦笑

しかし『ヤタガラス』の二転三転ぶりは、話を進めていてすごい面白かったです。
3話の時点で美雲がヤタガラスであると認識させておきながら、
4話の一条検事がヤタガラスと結びつかず、果てはカズラのヤタガラス自供。
そうして時間軸が現代に戻ってから、真のヤタガラスの正体が明かされる。
うん、久々に上手いなぁと唸るような展開でした。


・その③
やはり舞台は裁判所で!
以前の感想で、普通に立ち話で追求し合ってるのが緊張感を殺いでいる、
みたいな事を書きましたが、やっぱり『裁判所』という舞台装置はイイ!
それだけでこんなに雰囲気が引き締まるとは思わなかったなぁ。

それに今回は、「発想を逆転」的なことも少し出てきたし
いよいよ逆裁シリーズの本領発揮って感じがしましたね。


これで次は5話に突入です。
これまでのシリーズでは、一番多い話数が5話だったので、
恐らく逆転検事も5話=最終話となるのだと思いますが、さて。

ストーリー的には、美雲がいい感じで本編の主線に絡んできているので、
あとは狼士龍がどう絡んでくるのかが見ものかな。
もちろんシーナもだけど、4話を終えて実は「カズラ=シーナ」とか予想もしてみたりw


ついでに今更ながらBGMも段々馴染んできました。
元々「御剣のテーマ」は結構好きな曲だったので、
それの追求バージョン、と言えばいいのかな?
アレンジ曲共々終盤を盛り上げるのに一役買ってると思います。

もし、逆転検事の公式HPで流れているオーケストラ版とかが収録されるなら、
またサントラの購入も検討しなきゃいけないなぁ。
2009/06/08 00:08|ゲームTB:0CM:0

 

3話にして、ようやく今回のメインと思われる新キャラ3人が登場です。
そのうちの一人が(恐らく)ヒロイン格のキャラ位置だと思うので、
製作側のスロースターターっぷりが伺えますね。

・一条美雲(ヤタガラス)
・狼士龍(国際捜査官)
・シーナ(狼の秘書)


待ったよ、本当に(苦笑
イトノコ刑事も好きですけど、せっかく女の子キャラがいるんなら
もっと早く出てほしかったな。


ストーリー的には、2話の御剣が帰国直後に時間差なくスタート。
そして3話のテーマは誘拐
誘拐と言うと逆裁2の最終話を思い出しますが、
今回は少し毛色の違う事件でしたね。

結果としては「狂言誘拐」と言う結末でしたが、
3話にもやはり裏テーマ「密輸」が繋がっていました。
どちらかと言うと、逆転検事の裏テーマ(と勝手に思っている)密輸の事件を
表の目先からそらす為に3話がある、と言った感じですかね。


そして2話をプレイした時に思った事は概ね正解だったようで。

>1話でこっそりと「裏テーマ」を出しておいて、
>2~3~4話あたりの中盤で過去話と共に裏テーマも膨らませていく。


3話のラストでは、4話がさらに時間が遡った話になることも示唆されたので、
時系列的には、
(過去)4話→→→→→(7年)→→→→2話→3話→1話→5話以降(現在)
って感じかな。


いやー、しかし3話は難しかったorz
矛盾を追及する証拠品がなかなか分からなくて、計3度のガメオベラを味わいましたw
右利き左利きを調書から指摘するのが、自分的には一番難関でしたね~。
いきなり難易度が上がったかな?とも思いましたが、
頭を使うゲームだし、このくらいがちょうどいいような気もします。

そして3話に来て、ようやく「おっ!」と思うような逆転もありました。
3話の後編で、いよいよ解決か?と言う時になって、犯人の親父のよる証拠隠滅!
そして「つづく」の文字。
ストーリーの二転三転を待望していた自分としては、やっときたか!と言う思いでしたね。

ただ、全逆裁シリーズをやってるだけに、自分の中のハードルが上がってしまってるんだろうなぁ
と言うのは常々思うところです。
出来る事なら、逆裁シリーズの記憶をスポっと無くしてもう一度プレイしたいものです。
さぞかし驚愕しながらプレイできるんだろうな、とね。
そういう意味では、逆転検事はまだまだ満足していないので、
残りの話数でに掛かる期待はデカイともいえます。


気になるのは、過去シリーズから登場するキャラクター達。
ファンサービス、と言ってしまえば聞こえがいいですが、
ちょっと扱いがぞんざいじゃないでしょうか?

3話では、宝月茜とおばちゃん、あとは原灰巡査がスポット参戦?していますが、
出る必要があったのか?と聞かれるとNo!と言わざるを得ない展開ですね。
登場させる事は決まっていたけど、脚本側の都合に合わず無理やりねじ込んだ、
って匂いがぷんぷんしますね。
スパロボで言うところの"いるだけ参戦"って感じの。

茜は逆裁4で登場して、色々夢破れた状態になっているので、
今回の出演はなんとも物悲しい感じが…。
それだったら、留置所にいるであろう宝月巴に御剣が会いに行く、と言った展開のほうが
予想も付かないような話になったんじゃないかなぁ、と思います。

極めつけはおばちゃんの放置っぷり。
うーん、非常にもったいないな~。
おばちゃんというキャラは、短時間の登場ながら場面をかき回し、プレイヤーを笑わせる、
かなりテクニカルなキャラだと思うんですが、んー…全然生きてないですね。
3話をプレイし終わった時に、「あれ?おばちゃんどの場面で出たっけ?」
というくらいのイメージでしたからね。
残りの話数で登場する事があれば、おばちゃん株が持ち直すような展開を期待したいです。


おそらく全5話構成でしょうから、いよいよストーリーも折り返し。
4話はかなり過去に遡るようなので、狩魔冥の再登場は無さそうだなぁ。
もっと出番が多くていいと思うんだけど、御剣を食ってしまうとマズイ、って言う配慮なのかも。
しかもかなり過去ってことは新キャラはまた放置?
上手く、過去と現代をつなぐようなシナリオになっているといいですけどね。
2009/06/07 17:56|ゲームTB:0CM:0

 

菅野よう子さんのコンサート、
『YOKO KANNO SEATBELTS「超時空七夕ソニック」』
のチケット確保に失敗した…orz
と泣きながら更新したのが昨日の事でしたが、、、

晴れてチケットの確保に成功!!!

ほぼ定価!(送料とかをプラス)なので、
ヤフオクなんかで値段が3倍に釣り上がってるのを見たら、
自分の追加分なんて手数料みたいなものですね。
なんと言う幸運。

あー悔し涙を流した翌日に、まさか嬉し涙が流せるなんて♪


という事で、少しでも出費を抑えるべく宿も飛行機も速攻で予約済み。

問題は、平日の7/7(火)という日程だな。
さて、会社への言い訳を何としたものか。
ちょうど仕事が忙しそうな時期なのが非常に気に掛かるが、、、
コンサート以外の理由を何か考えないとなぁ。


しかし、今日から数えてちょうど1ヵ月後か!
楽しみすぎる!!
2009/06/07 14:48|日記TB:0CM:0

 

超スローペースプレイながら、ようやく2話までプレイ完了。
ボリュームは1話の倍くらいかな。

ストーリーとしては、時系列が色々と前後して展開していくみたいですね。
1話でこっそりと「裏テーマ」を出しておいて、
2~3~4話あたりの中盤で過去話と共に裏テーマも膨らませていく。
で、結果として最終話に帰結していく、って作りなのかぁと想像してみたり。
そう思うと、なんとなく逆裁3の構成に似ているような気も?


さて、2話までプレイしていてしみじみ思うのは、
『裁判所』と言うステージは非常に優秀な舞台だったんだなぁ、と言うことです。
例え他愛の無いやり取りだったとしても、
主人公と相手役の間に立つ裁判長の存在は、結構大事だったんだなぁと再評価中です。

今のところ逆転検事では、
裁判所と言う舞台装置を使わずに立ち話形式で相手との問答が進んでいくので、
脚本をミスってしまうと、ただの口げんかになってしまう、と言う恐れもあるんですよね。
今のところはその辺にぬかりは無いですけど。

そして1話でちょっと物足りないなぁと思っていた犯人のリアクション芸は
2話では健在で安心しましたw
以前はGBAの容量と戦っていた為、シンプルなリアクションを効果的に使っていましたが、
今はDS。
まぁ派手に動けばイイってものでも無いでしょうけど、色々見たいのもまた本音かな。


ストーリー的には、もう一山あると尚良かったかなぁと思います。
せっかく飛行機の中と言う限定された空間での出来事だったので、
もう少し、舞台が空中と言うことを意識した展開があると良かったかな。
証拠品などを、空中から破棄するとか、ね。
ちょっと無理をすれば、列車でも船でも可能だった展開にもったいなさを感じました。
やっぱり「逆転」と名の付くゲームだけに、谷と山のメリハリは大事ですよね。


キャラで言えば「木之路いちる」は結構お気に入りですね。
最初は、逆裁3で出てきたバグダスの女キャラ(名前忘れたw)みたいな人かなぁ、
と思いましたが、進めていくと意外と面白くて可愛い感じのキャラでなかなか好評でした。

そして、過去シリーズからの登場となると冥ちゃんを忘れる訳にはいかない!
冥の泣き顔見るために、何度も逆裁2をやり直すような冥スキーですから!!
そりゃあテンションも上がるというものです。
まぁ、御剣が主人公ってことだったので、100%出るとは思っていましたが、
やっぱり最初は敵キャラでした。デスヨネー
恐らく共闘していく展開も後の話数ではあるだろうとは思いますが、
その辺が非常に待ち遠しくてしょうがない。
(あとは誰が出るんだろう・・・御剣と接点があるキャラとすると茜とか?矢張はな~w)

あと気になるのは、パッケ絵になっている逆転検事から新キャラクターが、
2話終了の時点でもまだ登場していないこと。
これは焦らされてるのかな(苦笑
新キャラの女の子は、1話が終わった時には忍者かな?とか書いた気もするけど、
話の流れで彼女が「ヤタガラス」?のような気もしてきました。
全然違うかもしれないけどね。
と言うか、そろそろ3話あたりで登場してくれないと困りますなw
2009/06/06 19:04|ゲームTB:0CM:0

 

YOKO KANNO SEATBELTS「超時空七夕ソニック」
チケット取れなかった~(涙

そもそもコンサートのチケット戦争自体、かなーり久しぶりに参加してみましたが、
こんなに激しいものだったっけ、、、と凹んでいます。

6/6の10:00予約開始ってことで、
電話予約とネット予約の両方スタンバッってたんですけどね。
ひどいところは、10時前からサーバダウンしてるページもありましたし(苦笑
会員登録した個人情報を返せ!って感じでしよ、ホント。

一番早くつながった電話が、10時3分。
で、予約終了のお知らせ。
ネットの方はさらにひどく、10時1分には予約終了してたorz

いやー、すごい行きたかったんだけどな。。。
菅野よう子さんはもちろん、真綾さんや、ORIGA、steve conteの歌も聴きたかったなぁ。

ためしにオークションの方もチラ見はしてみましたが、案の定。
10時を過ぎてからは、チケット難民(自分含む)のおかげで急激に値段が跳ね上がりだしてる始末w
定価の2倍以上はちょっとなぁ、、、
地方民の場合は、移動費、宿泊費も考慮しないとだめだから出費がひどいことになりそうだ。

今は、チケット確保に失敗した人たちが溢れ返ってそうだから、
少し頭を冷やしてからまた再トライしてみようかな。
このタイミングでオクに参加しちゃったら、どこまでも入札してしまいそうなので(苦笑


でも、やっぱり残念だー(涙
2009/06/06 10:44|日記TB:0CM:0

 

日本では「PSP Go」の事前流出がYahooにまで取り上げられてしまったりと、
既に色々あった今回のE3発表会の新情報ですが、
興味が引かれる話がいくつかありましたね~

●PSP Goは流出通り
話題づくりの自演じゃないか、なーんて意見もありましたが
結局事前に流れた情報通りでしたね。
従来よりも、小型・軽量化って事みたいですが、
公開されてる写真とかを見た感じ、液晶も小さくなってる?

アナログスティックの位置とかがかなり不評らしいんですけど、
メディアプレーヤーとしての使用が多い自分としては、
画面が小さくなる(ように見える)方が痛手ですね。

現PSP-2000ユーザですが、UMDの廃止と言いとりあえず様子見かな。
3000との並行販売だそうだけど、徐々に新型が増えていくものなのか。

(追記)11/1発売で、\26,800。第一印象は高すぎ!なんだが、さてどうなる。


●FF14発表!?
いやいやマジで?と思いましたが、ジャンルを見て納得。
『MMORPG』かー。
いわゆるFF11の後継にあたる、ネトゲFFのことみたいで。

ネトゲはほぼ未体験ゾーンなので、今回も…。
プレイをしないFFのナンバリングタイトルが増えるのは気持ち悪いんですけどね。
音楽も植松伸夫だと言うし興味はあるが、時間がちょっと、、、


●マリオは2タイトル
Wiiでは、マリオギャラクシー2の噂が出てましたけど、
プラスアルファの新作が発表されたようで。

1作は「マリオギャラクシー2」で、
もう1作は、2Dスタイルの4人プレイが可能なマリオとのこと。
多人数プレイを推奨しているWiiには向いていそうな感じです。
個人的には、ギャラクシー2に大いに期待したいところ。


●メタルギアの新作はXBOX360で
まさか、箱○で完全新作のメタルギアが出るとは思ってもいなかったなぁ。
恐らくはPS3とのマルチになるんだろうけど、これは予想外。

タイトルは「METAL GEAR SOLID RISING」ってらしいですが、
主役がライデンと言うのも驚き。
メタルギア2の時にはライデンでかなり遊んだし、これは買ってしまうかもなぁ。
とすると、まずはメタルギア4のプレイが先か…。
また時間との戦いが始まってしまう訳ですね、分かります。
2009/06/03 12:42|日記TB:0CM:0

 

先週末は、なんだかんだとプレイが出来なかったので、
今日からようやく『逆転検事』第1章開始です。

とりあえず、今の自分の生活サイクルから
AM4:00~AM8:00
を、逆転検事の時間に当てていこうかな、と。

で、さっそく第1章まではクリアしましたが、
う~ん、やっぱり非常に懐かしい印象です。
BGM、SE、その他諸々から逆裁の新作をやってる!
ってのが感じられていい感じですね。

第1章は、過去のシリーズ同様チュートリアル的な意味合いが強いですが、
ストーリー的にはまずまず、と言ったところでしょうか。

ちょっと色々と気になる点をピックアップしてみると…

・舞台は裁判ではなく、犯人とその場で問答
・逆裁と違い、キャラ操作が可能!
・犯人のリアクションが逆裁にしてはおとなしめ(1面だから?)
・裁判の時と違い、局面によってキャラが左右に行ったり来たりするのが気になる
・須々木マコっす!


どうしても逆裁と比較してしまうのはしょうがないかな。
キャラ操作とか、ドット絵のリアクションとかはかなり好感触ですけど、
唯一気になるのは、問答時にキャラが行ったり来たりするところ。

御剣が左側で犯人が右側と言う、いわゆる裁判の時と同じ立ち位置なんですが、
横にいるイトノコさんが、話の展開によって右へ左へと移動してしまうのが、ちょっとアレかな。
まぁインタフェースの変更ってことなので、すぐに慣れていく気がしますがw


あと嬉しかったのはマコ君が再登場したこと。
警備員で皆さんご存知の…って流れだったので絶対おばちゃんだろw!って思っていたら。
思わぬサプライズって感じでしたね。まぁ、相変わらず容疑者でしたがw

この雰囲気だと、他にもまだシリーズキャラが登場しそうな感じで、
今後も期待が持てそうかな。

個人的には、パッケに登場している女の子の新キャラを楽しみにしています。
第2章で出てくれるといいけど。。。
しかし、あの服装はなんだろうか。忍者かな?
2009/06/02 23:02|ゲームTB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。