日々の趣味鑑賞をまったりと綴るブログ -気が付けば散財日記-

カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

アーカイブ 

ブログ内検索 

RSSフィード 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

リアルタイム最終回から1週間遅れで、ようやく00の視聴完了です。
いやー、疲れた(苦笑

23話から3話連続で見たんですが、
率直な感想としては、よくまとめたなぁと言う印象です。
むしろまとめ過ぎ?

オマージュその1

以下、こそこそっと感想です。
(以下へ続く)

▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2009/04/04 17:32|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0

 

※簡易感想版

タイトル通り、まさしく序章な回でした。
しかも悲劇への・・・
このままの流れだと、連邦政府側が逃がした6万の市民が犠牲になる予感が。
当然実行者はメメントモリⅡであり、情報統制により連邦側のせいにされる、と。
あぁ確かにこの通りならば、悲劇への序章となりますが、さて。

そしてクーデターの現場に、結局セルゲイが来てしまいました。
自分の中では、今死亡フラグが立っているキャラの筆頭なんですよね、、セルゲイ。
ココに来て、嫁の話、息子の話と、立て続けに出てくると、疑わない方が無理に思えてしまいます。
ただ、現在SBにいるマリー(ピーリス)と再会することはあるんでしょうか。
戦時中とは言え、マリーとセルゲイが戦場で相対することは無さそうに感じますが、
果たして、死を迎える時に近くにいるのは、マリーなのか息子なのか。
絵的にはマリーの方がいい気もするんですが、
現時点では、セルゲイの嫁さんの件もあるので、息子のような気がしますね。


ハムの人

そして、久しぶりに画面内が暑苦しくなったw、刹那vsグラハム戦。
全く会話になってないやり取りを見ると、ニヤニヤしてしまいます。
グラハムはグラハムで、相変わらずのブシドー用語を連発していて一安心。
もう、仮面とっちゃいなヨ!

・邪険にあしらわれるとは。ならば君の視線を釘付けにする
・隙ありぃぃぃいぃぃぃ!
・切捨てぇぇぇ御免!!!!
・私は純粋に戦いを望む。ガンダムとの戦いを!そしてガンダムを超える!
・それが私の生きる証だ!
・えぇーい、水入りか。
・あえて言うぞ、少年!覚えておくがいい!!


濃ゆいなぁw
グラハムにこんだけすき放題言わせるんなら、
他のキャラにももう少しフリーダムなセリフが欲しいかも。
最近「武力介入」とか「万死に値する」って聞かないですよね。。。
どっちも好きなセリフなので、今一度劇中で使って欲しいなぁ。


次回「散りゆく光の中で」
愛が憎しみに変わる前に・・・
なんと意味深な。
タイトルだけ見ると、誰かが命を落としてもおかしくなさそうですね・・・。
生き残れるのか、セルゲイ!
2009/02/02 00:42|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0

 

※簡易感想版

ラストのクーデター勃発はお披露目程度で、
15話の半分は刹那の葛藤、もう半分はアロウズのSB殲滅戦という構成でした。
一見すると対アロウズがメインになるのかなぁ、と思っていたんですが、
MSのスペックに大差がない今(※トランザムを除く)、やっぱり物量には敵いませんね。
と言うか、アリオスとセラヴィーに至っては、MA一機に捕まっている有様だし。
1期の終盤にトランザムが登場して猛威を振るったように、
SB側にも何か隠し種がないと、今後戦いにならないんじゃなかろうか・・・。

・00ガンダム→0ライザーとドッキング
・セラヴィー→セラフィム(?)の隠し性能
・アリオス →ガンアーチャーとドッキング&アレルヤ
・ケルディム→?


ケルディムだけちょっと戦力不足になりそうな予感。
メメントモリの時に見せたビットだけじゃちと弱いかなぁ。

ラブラブだから~

刹那がどんどん弱ってますな。。。
今回の時点でも結構クマが出来てましたけど、次回予告ではさらにひどいことに。
久々にマリナ嬢と接触したので、何かしら動きがあるかなぁと思いましたが、
お互いの性格を考えると、なかなかハードルが高そうです。

しまいにはKYなグラハムさんが登場する始末。
SBは被ストーカー率が高すぎるよw
トランザムも使われちゃったしなぁ。
00の世界は、パイロットの腕より機体性能で優劣が決まる世界なので、
ぶっちゃけトランザムまで敵に使われると、かなり戦闘は混沌として来る気がします。

穴あき

クーデターの件は次回に取っておくとして、
今回は、前回に引き続き新ED曲が公開されました。
しかしインパクトのあるED絵だったな!
正直、一度聞いただけだと曲はそんなに耳に残っていないんですが、
ボロボロ、果ては破壊されたガンダムの一枚絵はインパクト大です。
手足が破壊されたガンダムってのはたまに見ますけど、
ここまで穴だらけになった機体ってのは珍しいですよね。
それに良演出だと思ったのは、今回の新EDが前EDの続きになっていること。
確かに前EDは気になるカットが多かったんですが、
まさかその続きが拝めるとは思って無かったです。
服装(上着)を見る限り、ロックオン(ニール?)の相手はやっぱりフェルトのようですね。


次回「悲劇への序章」
人類への粛清が始まる・・・とは言うが、
主語はイノベーターなんだろうか?人類への、って言ってるし。
あと、グラハムとの決着は多分最終回までつかないんだろうな・・・。
できればグラハムの扱いをもう少し工夫してほしい気がする。
時々現れてはちょっかいを掛ける、って感じだとサーシェスとあんまり変わらない感じがして。
悪い意味で安定感が出ちゃってると言うw 難しいなw
2009/02/01 23:16|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0

 

※簡易感想版

もしかしたら総集編的な感じになるのかな?と思っていたら、
バリバリ本編が進行してました。

とりあえず一番最初に目に付くのは、当然の如く新OP
今度は女性ボーカルですかぁ。
てっきり00最終クールを見越して、バトルを前面に出すような激しい曲を想像していたんですが、
どちらかと言うと黄昏的な雰囲気を感じますね。
刹那が夕陽をバックに戦闘しててから、ってのもありましたけど。

ただ14話を見た後、OPだけ見直したときに気になったことが一つ。
リターナーさんって重要人物なのか?

イノベーター?
OPで登場する順番が、
マリナ→フェルト→ルイス→リターナー
↑な感じで結構優遇されてる様子。
しかも今回でライルと妙なフラグを立ててるのも気になりますな。
1クール目でライルの重荷が軽すぎる、と思っていたんですがこういう方向で攻めるのだろうか?

と言うか、そもそもリターナーさんってイノベーターなのかと思ってたんだけど。。。
ワンリューミンの紹介で加入したはずなので、てっきりこの人がスパイかと思っていたんだが、
今回のこの行動、、、ちょっと良く分からなくなってきた。
(でもビジュアル的には結構好きなんだよな~)

そして刹那とリボンズがご対面。
1期冒頭で登場した0ガンダムの搭乗者はリボンズだった!
ここの暴露話から刹那SB加入の流れまでは、なるほどなぁと思いながら見てました。
主人公とラスボスの点を、どう繋げてる来るのかと思ってましたが、
これはなかなかよいフラグ。
しかし、いつ戦ってもサーシェスの"ファング!"がカッコイイ。さすがひろし。

そしてラストで表題の歌が登場。
視聴前に、まさか歌姫に転職はないよねw と言っていたら、
その実、歌のお姉さんに転職でした。実質ニートな気もしますけどw
マリナの浮上を、今か今かと楽しみにしていたんだが、
国を治める王女としての浮上ではないのね、、、それはちょっと残念でした。
これは平和のシンボルとして祀り上げられ、それをSBが守る流れになるのかな。
とりあえず次回では刹那と合流できそうなので、何か行動を起こしてほしいところ。


次回「反抗の凱歌」
またタイトルに歌が入ってますが、この流れで決定かな?
反抗=連邦政府+カタロン、とすんなり行くとは思えませんが、、さて。
2009/02/01 19:34|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0

 

1月半ばにリアルタイム視聴をすっ飛ばしてしまってから、幾数日。
結局今日放送分を含むと4話分も溜まってしまったので、
今日のうちに遅れを全て回収しようかな、と。

そもそも、去年の年末に1クール目がちょうど終わった段階から、
止まっていた感想更新を再開させようと思っていたんですけどね。。。
その予定の通り、実は1クールのまとめ感想は既に書いてあって、
その下書きログを確認してみると、
テキストファイルで50k強、、800行くらい書いてありましたorz

なんと言うか、そんだけ力を入れて書いた割りに
更新のタイミングを完全に逃してしまったのが悔やまれる。
ぶっちゃけ今更過ぎて、更新する気が全然起きませんね(苦笑

と言うわけで、その辺の事情をすっ飛ばし、溜まっていた14話から見ていこうかな。
まとめて書くのが非常に苦手なので、1話ずつ簡易感想にしていく予定。
手抜きって大事ですよねー。

とりあえず14話のタイトルが「歌が聞こえる」
歌、唄、うた・・・まさかマリナ嬢が、亡国の姫君から歌姫にチェンジとか、、、
まぁそれだと別のガンダムになってしまうので、ないでしょうがw


しかし、2009年1月の一ヶ月間。
視聴したアニメが「空の境界」だけ、と言うのもまたすごいな。
新番組もノーチェックだったし、以前の自分からは考えられません。
深夜に正座して待つような、そんな興味を引く作品にまた遭遇したいんですけどね。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [Blu-ray]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [Blu-ray]
(2009/02/20)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る

2009/02/01 19:03|機動戦士ガンダム00TB:0CM:0

 

序盤の高速展開からひと段落して、若干ペースダウンをしてきたかな、と思う6話の感想です。

アバンはまるまる前回の引きだったので、語ることはないんですが、
なんですかね、今回の変則2段オチのような引きはw
おそらくスポンサーとの兼ね合いも合って、2期のEDはあういう形式になってるんでしょうけど、
今回のように無理に引きの場面を2回も作るのは、ちょっと苦しくないですか?
あういう演出は、ここぞ!という時にやってこそ効果がある気がしますけどねぇ。

家族との別れ

今回のテーマは、タイトル通り心に負った傷のお話。
過去の傷はクジョーさんことスメラギさんとマネキン大佐。
そして現在進行形なのは、沙慈くんとマリナ嬢(+カタロンの人達)、と。
そういう意味じゃマイスターが空気と言う、珍しい回だったのかも。

(以下に続く)

▽続きを読む▽
2008/11/10 22:47|機動戦士ガンダム00TB:4CM:0

 

いつもの如く、放送日からかなり遅れての感想更新です。
自分としては見たばっかりなので、時間差があるわけではないんですけどね。

スローネツヴァイ?

今話は00にしては珍しく、タイトル自体が"引き"に使われている回でした。
前話の次回予告の語りでも、刹那とサーシェスの因縁再び!みたいな感じで煽ってましたが、
その辺を一切合切次回にお預けですね。

で、タイトルに目を引かせておいて今話の目的は何だったのかと言うと、
どうやら002期における沙慈の立ち位置を決めること、だったように思います。

(以下に続く)

▽続きを読む▽
2008/11/05 22:12|機動戦士ガンダム00TB:3CM:0

 

せっかく追いついたので、簡易ながら早めに感想の更新です。
お話としては、前回の3話までが一くくりと言った感じのようで、
今回の4話は、この後に始まる新たな展開に向けて、キャラごとの気持ちの整理が主点だったようです。

スメラギさん復隊!

まぁ気持ち、と言うかタイトルの通り、各人物の「戦う理由」の再確認って感じでしたか。
1~3話とハイスピードで進んだだけに、一歩立ち止まって整理してくれるのはありがたいですね。

今回で印象的だったセリフは、イヤミっぽい新キャラのお方。
「今のソレスタルビーイングは、私情で動いていると私は推測します」
言われて、ちょっとなるほど!って思ってしまいました。
1stでは、戦争発生→武力介入という、テンプレとも言うべき行動理念があったわけですが、
2ndで各キャラの動きが読めないのは、私情で動いてが故に、だったんですね。
まさかこんなキャラに改めて気付かされるとは(苦笑

(※追記:画像の修正完了・・・かな?
とはいえ、同名ファイルだったら警告してくれればいいのに。勝手に上書きはつらい)

(以下に続く)

▽続きを読む▽
2008/10/27 23:08|機動戦士ガンダム00TB:2CM:0

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

<%plugin_second_title> 

<%plugin_second_description>

<%plugin_second_content>

<%plugin_second_description2>

Copyright(C) 2006 図南の志 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。